単身パックの見積もり 引越し見積もり用語辞典

単身パック【引越し見積もり用語辞典】

この記事は約22分で読めます。

単身パックとは。  引越しの見積もりで出てくる用語です。単身パックとは。

引越しの見積もりで出てくる用語です。

  1. 単身パック
      1. 単身
      2. パック
  2. 単身パックの種類
    1. 大手引越し業者の「単身パック」は大きく分けて2種類
    2. ユーザーが引越しのパッケージを選ぶタイプの単身パック
    3. 引越し業者に見積もりを出してもらうタイプの単身パック
  3. 引越しのパッケージを選ぶタイプの単身パックの特徴
    1. 特徴1.運ぶ荷物の容量を限定している
    2. 特徴2.引越し料金が統一され公開されている
    3. 特徴3.引越しの荷物を引越し業者に預ける日と受け取る日が違う
    4. 特徴4.作業時間で区切る引越し「赤帽」
  4. 引越しのパッケージを選ぶタイプの「単身パック」の流れ
    1. 各引越し業者のホームページに行く
    2. 希望のコースを選んで現住所と引越し先を入力
    3. 表示された引越し料金を確認して送信
    4. 引越し業者から予約確認の電話が入る
    5. 荷造り
    6. 引越し当日
  5. 引越しのパッケージを選ぶタイプの「単身パック」の料金と概要
  6. 日本通運の単身パック
    1. 単身パックs
    2. 単身パックL
  7. ヤマトホームコンビニエンス(クロネコヤマト)の単身パック
    1. 単身引越しサービスminiタイプ
    2. 単身引越しサービス
  8. サカイ引越センターの小口便引越サービス
  9. 赤帽
    1. 引越運賃料金
  10. 個別に見積もりを出してもらうタイプの単身パックの特徴
    1. 特徴1.見積もりの流れはファミリーの引越しとほぼ同じ
    2. 特徴2.引越しの最安値、底値にたどり着くことができる
  11. ユーザー毎に引越し業者が見積もりを出す「単身パック」の流れ
    1. 見積もり依頼の電話をする
    2. 電話の聞き取りで見積もり
    3. 自宅を訪問して見積もり
    4. 各引越し業者の見積もりが出揃う
    5. 引越し業者に回答を連絡
    6. 荷造り
    7. 引越し当日
  12. ユーザー毎に引越し業者が見積もりを出す「単身パック」の概要
  13. アート引越センターの単身パックの見積もり
      1. アート引越しセンターの単身引越しの見積もり手順がファミリー引越しと違う点
  14. アリさんマークの引越社の単身パックの見積もり
      1. 1「超ミニ引越しプラン」
      2. 2「特ミニ引越しプラン」
      3. 3「ミニ引越しプラン」
      4. 料金等は、各担当支店、営業スタッフにお問い合わせください。お見積りのご依頼をお待ちしております。
  15. ハート引越センターの単身パックの見積もり
      1. ハート引越しセンターの単身者用の引越し見積り手順がファミリー引越しと違う点
      2. ミニトラック引越便
    1. まとめ

単身パック

【たんしんぱっく】

単身の引越し用に引越し業者が用意したパッケージ、商品の名称。
単身とパックを組み合わせた造語。

単身、1人暮らしの引越しに対応する引越しサービス。

単身

【たんしん】

  • 一人だけ
  • であること。ただ一人。単独。
  • 2 家族のいないこと。特に、結婚していないこと。また、その人。
  • ひとりみ。独身。

パック

  • 【パック】
  • いくつかのものをひとまとめにすること。また、一つにまとめたもの。「―旅行」「―ツアー」「―料金」

単身パックの種類

引越しの単身パックには明確な規格がないため、各引越し業者が独自に決めた内容が単身パックとして、単身、一人暮らしのユーザーの引越しに適用されます。

単身パックという規格を用いて、初めから引越し料金を決めている引越し業者もあれば、引越しする人数が1人の場合は、全て単身パックと呼んでいる引越し業者もあります。

引越し業者の数だけ単身パックの形があります。

a0001_013695

大手引越し業者の「単身パック」は大きく分けて2種類

 

引越し業者がうたっている「単身パック」は以下のふたつのタイプに分かれます。

ここでは「引越しのパッケージを選ぶタイプの単身パック」、「見積もりを出してもらう単身パック」と区別して話をすすめます。

違いを理解して自分に合った「単身パック」を利用しましょう。

ユーザーが引越しのパッケージを選ぶタイプの単身パック

ひとつめの「単身パック」のタイプは本当にパッケージングし商品化された、ある意味で本当の「単身パック」です。

元来、引越しというサービスはユーザーのニーズによって大きくその形を変えます。

その変幻自在なサービスを意図的にいくつかのパターンでパッケージングすることで、サービス自体を「商品化」し、それに定価をつけて販売しているのが「引越しのパッケージを選ぶタイプの単身パック」です。

「引越しのパッケージを選ぶタイプの単身パック」では、引越し業者は商品化した引越しのパターンと料金を提示します。

ユーザーはその商品化された「単身パック」を購入するというイメージです。

ですので、「引越しのパッケージを選ぶタイプの単身パック」ではユーザーが選択した引越しのパターンに対しての引越し料金は常に一定で、それ以上、引越し料金が高くなることも安くなることもありません。

この「引越しのパッケージを選ぶタイプの単身パック」を実際に展開している引越し業者は、有名なところだと日本通運とクロネコヤマトだけでしたが、新たにサカイ引越センターが小口便引越しサービスを開始しました。

荷物がとても少量でパッケージの選択を見誤ることがなく、かつ、中長距離の引越しなら利用する価値があります。

荷物がダンボールのみの引越しなどもこの「引越しのパッケージを選ぶタイプの単身パック」が適しています。

 

引越し業者の「単身パック」

本当にパッケージングされた、ある意味で「本当の単身パック」と一般の引越し業者の「単身パック」はまったく別のもの

引越し業者に見積もりを出してもらうタイプの単身パック

もう一つの「単身パック」のタイプは引越しサービスの内容、引越しの料金は公開せず、ユーザー毎に引越し業者が見積もりを出す「単身パック」です。

「単身パック」とうたってはいますが、引越しサービスの限定された内容、それに対する引越しの料金を明確にしていないので、見積もりの流れがファミリーの引越しとほぼ同じです。

「見積もりを出してもらう単身パック」の特徴は「訪問見積りが必要ない」くらいで、引越し料金は実際に見積もりを取ってみるまで解かりません。

しかしながら、ユーザー毎に個別に見積もりを出すわけですから、引越し料金の最安値はこのタイプの「単身パック」で出ることが多いです。

引越し料金を安くしければ面倒くさがらずに見積もりを取るべきです。

一般の引越し業者の「単身パック」

一般の引越し業者の「単身パック」の特徴は、「訪問見積りが必要ない」程度で引越し料金は見積もりを取るまでわからない

引越しのパッケージを選ぶタイプの単身パックの特徴

引越し業者が各ホームページでうたっている「単身パック」の概要について知りましょう。

ここで紹介するのは、いわゆる定価がある「引越しのパッケージ」をユーザーが選ぶタイプの「単身パック」です。

完全に商品化、パッケージ化された「引越しの単身パック」ですから、追加料金などの心配がない反面、料金の値引きなどはありません。

また、荷物の量もユーザーの自己判断ですから、全ての荷物が運びきれなくても引越し業者に責任はありません。

あくまでもユーザーの自己責任で、引越しの単身パックを選ぶのがこの単身パックの特徴です。

特徴1.運ぶ荷物の容量を限定している

「引越しのパッケージを選ぶタイプの単身パック」は、荷物を運ぶのに使用するカート、ボックス、荷台の容積を公開しています。

ユーザーは公開されているカート、ボックス、荷台の容積を基に「自分の荷物はこのボックスに全部乗るな」とか「自分の荷物はLのボックスだ」というように自分で最適なパッケージを判断して、引越しのサービスを申し込みます。

「引越しのパッケージを選ぶタイプの単身パック」では、荷物の総量をユーザーに判断させることで、引越し料金を確定しているのです。

「引越しのパッケージを選ぶタイプの単身パック」で注意が必要なのは、荷物の総量をユーザーが判断しなければならないという点にあります。

例えば、福岡から東京へ引越しをするのにカート1台が50,000円と言われれば安く感じるでしょうが、もしも、荷物がカート1台に載り切らない場合、もう1台カートが必要になり、カート2台分の料金、つまり引越し料金が100,000円になってしまうということです。

kago

スーパーのバックヤードで見るようなカートを用いて荷物の量を区切り、「単身パック」の引越し料金を決めている

特徴2.引越し料金が統一され公開されている

「引越しのパッケージを選ぶタイプの単身パック」ではユーザーが選択したカート、ボックス、荷台の容積と引越しの移動距離によって、それに対応した引越し料金が予め公開されています。

公開されている引越し料金は統一ですので、同じカート、ボックス、荷台の容積で同じ移動距離なら、引越し料金は全く同じになります。

「引越しのパッケージを選ぶタイプの単身パック」での引越しの見積もりはインターネット上でほぼ完結し、ホームページ上で表示された見積もり金額が実際の引越しに適用されます。

例えば、新居の立地条件がエレベーターのない5階の引越し物件だと、通常の引越し業者は見積もり金額をあげます。

「引越しのパッケージを選ぶタイプの単身パック」は、旧居、新居の立地条件に左右されることなく、引越し料金は一定です。

まさに引越しのパッケージを買うイメージです。

引越しのパッケージを選ぶタイプの単身パック

「引越しのパッケージを選ぶタイプの単身パック」での引越しの見積もりはインターネット上でほぼ完結し、ホームページ上で表示された見積もり金額が実際の引越しに適用される

特徴3.引越しの荷物を引越し業者に預ける日と受け取る日が違う

「引越しのパッケージを選ぶタイプの単身パック」は宅配便のシステムにとても似ています。

引越しとは言え、出荷日と配達日があるのです。

例えば、いくつかの雑貨をダンボールに詰めて同市内に宛てに送るとします。

発送の依頼を受けた宅配業者はその日のうちに集荷に来てくれますが、特別な指定をしなければ、どんなに近いところに送っても配達されるのは翌日です。

この物流システムに乗せているのが「引越しのパッケージを選ぶタイプの単身パック」です。

宅配便の「いくつかの雑貨を詰めたダンボール」を「家具、家電を詰めたカート、ボックス」に置き換えると解り易いかもしれません。

注意したいのは「引越しのパッケージを選ぶタイプの単身パック」では、同市内での引越しでも引越しが一日では終わらない可能性があるということです。

引越しの見積もり申し込み時に確認しておきましょう。

「引越しのパッケージを選ぶタイプの単身パック」では、同市内での引越しでも引越しが一日では終わらない可能性がある

特徴4.作業時間で区切る引越し「赤帽」

引越しに使用する車両を軽トラックに限定し、移動距離と作業時間で料金を公開しているのが「赤帽」です。

ユーザーは公開されている料金表を元にある程度引越し料金の予測することができます。

また、メールのみでの見積もりでも明瞭に引越しの料金を回答してくれるのも赤帽の特徴です。

引越しの料金を作業に掛かる時間に換算して割り出しているのは赤帽独特の計算方法です。

赤帽は引越しに使用する車両を軽トラックに限定し、移動距離と作業時間で料金を公開しているのが特徴

引越しのパッケージを選ぶタイプの「単身パック」の流れ

引越しのパッケージを選ぶタイプの「単身パック」はほとんどの場合、ウェブサイトからの申し込みでスタートします。

各引越し業者のホームページに行く

希望のコースを選んで現住所と引越し先を入力

表示された引越し料金を確認して送信

ここで表示される引越し料金は定額です。
同じカート、ボックスで同じ移動距離なら全く同じ引越し料金になり、それ以上高くも安くもなりません。

引越し業者から予約確認の電話が入る

荷造り

ダンボールも各引越し業者のホームページで購入が可能です。

引越し当日

引越しのパッケージを選ぶタイプの「単身パック」の料金と概要

引越しのパッケージを選ぶタイプの「単身パック」の概要です。

引越しのパッケージを選ぶタイプの「単身パック」を展開している引越し業者は日本通運とクロネコヤマトのみでしたが、サカイ引越センターが新たに小口便引越しサービスを開始しました。

路線便を全国に展開している引越し業者でないと提供できないのが、「引越しのパッケージを選ぶタイプの単身パック」です。

離島などの一部を除いてほぼ全国に引越しが可能な「単身パック」です。

「単身パック」では表示されていなくても、離島だけでなく、海外への引越しに両社とも対応しています。

両社がパッケージングして商品化した引越しのパターンは以下のように公開されています。

日本通運の単身パック

単身パックs

日本通運の引越し「単身パック」はボックス1個当たりで明確な料金をウェブで調べることができる

17,850円~

専用カートのサイズ

横幅108cm 奥行74cm 高さ154cm

単身パックL

18,900円~

専用カートのサイズ

横幅104cm 奥行104cm 高さ174cm

 

■ ホームページから申し込むと2,100円の割り引き有り。

■ 引越し料金が~となっているのは移動距離によって変動するからですが、日本通運のホームページで現住所と新住所を入力すると移動距離に対応した引越し料金が表示されます。

引越し王日通の「単身パック」の最低料金は割引を適用すると15,750円のようです。

ヤマトホームコンビニエンス(クロネコヤマト)の単身パック

単身引越しサービスminiタイプ

●同一市区内なら

クロネコヤマトの引越し

クロネコヤマトの引越し「単身パック」はボックス1個当たりで明確な料金をウェブで調べることができる

関東エリア 16,800円

その他のエリア 13,650円

●東京~神奈川なら 18,900円

専用ボックスのサイズ

横幅104cm 奥行104cm 高さ130cm

単身引越しサービス

●同一市区内なら

関東エリア 17,850円

その他のエリア 14,700円

●東京~神奈川なら 22,050円

専用ボックスのサイズ

横幅104cm 奥行104cm 高さ170cm

 

■ webから申し込むと2,100円の割り引き有り。

■ 平日の引越しだと2,100円の割り引き有り。

■ 引越し日の14日前に申し込むと1,050円の割り引き有り。

■ 専用ボックスを2つ以上使うと1ボックスあたり1,050円の割り引き有り。

■ ヤマトホームコンビニエンスのホームページで現住所と新住所を入力すると移動距離に対応した引越し料金が表示されます。

ヤマトの引越し最安値は関東エリアで11,550円 その他のエリアで8,400円ということになります。

サカイ引越センターの小口便引越サービス

カートを使った引越しサービス、サカイ引越センターの小口便引越サービス

カートを使った引越しサービス、サカイ引越センターの小口便引越サービス

カートを使った引越しサービス、サカイ引越センターの小口便引越サービスでは、荷物を積むカートの内寸が公開してあります。

カートの内寸を公開することで、積める荷物の量を知ることができます。

【BOXサイズ】 高さ(144cm) 幅(105cm) 奥行き(75cm) 

サカイ引越センターの小口便引越サービスは、料金までは公開していませんが、カートの数と移動距離によって計算される引越し料金は、ほぼ定額です。

サカイ引越センターの小口便引越サービスは、まだ全国には対応していませんが、対応エリアは拡大中です。

サカイ引越センターの小口便引越サービスを利用する場合、梱包資材は有料になっています。

申し込みはウェブからでたいへん便利ですが、訪問見積もりに来てもらう通常の見積もりを申し込めば、梱包資材は無料で貰えます。

見積もりの手間は一つ増えますが、訪問見積もりに来てもらった方が安心といえます。

赤帽

赤帽はホームページで明確な料金を知ることはできませんが、引越し料金の計算方法を公開していますので、見積もりをしてもらわなくてもほぼ引越しの料金がわかります。

引越しの料金を作業時間で計算するのも赤帽特有の見積もり方法です。

引越運賃料金

minikyabutorakku

赤帽の料金設定は非常に明瞭で解りやすい

2時間(30Km)以内(1台・1名) 11,560円

超過時間30分迄ごとに1,580円加算(日曜・祝祭日は2割増)

ホームページでの最安値は11,560円とありますが、実際にはもっと安いことがあります。

赤帽は基本的に一人の作業員なので、家具、家電の搬送を手伝わなければならないこともありますので確認しておきましょう。

赤帽さんはほとんどが個人で運営しており、中でも人気のある赤帽さんはリピーターをたくさん持っています。

ユーザーは私の担当の赤帽さん的感覚で何度も同じ赤帽さんを利用しています。

個別に見積もりを出してもらうタイプの単身パックの特徴

引越し業者がうたっている「単身パック」は、はじめから完全に料金が決まっている「単身パック」と、ユーザー毎に引越し業者が見積もりを出す「単身パック」の2種類に分かれます。

大半の大手引越し業者がうたっている「単身パック」は、引越し業者が見積もりを出すタイプの「単身パック」に該当します。

ここではユーザー毎に引越し業者が見積もりを出すタイプの「単身パック」を見ていきます。

特徴1.見積もりの流れはファミリーの引越しとほぼ同じ

電話見積もりの「単身パック」

本当に引越し料金の最安値、底値を引き出せるのは、むしろ見積もりを出してもらうタイプの「単身パック」

一般の引越し業者がうたっている「単身パック」は、ユーザー毎に引越し業者が見積もりを提示します。

「単身パック」と名前をつけてありますが、引越しの料金については公開されておらず、引越しの料金は見積もりを取るまで解かりません。

概算の料金を提示している引越し業者はありますが、ユーザーの引越しがどの引越しに当てはまるかを判断するのは引越し業者なので、ユーザーは実際に引越しの見積もりを取ってみるまで引越し料金が解からないのです。

特徴2.引越しの最安値、底値にたどり着くことができる

「引越しのパッケージを買うタイプの単身パック」の引越し料金が固定なのに対し、「見積もりを出してもらうタイプの単身パック」は余計なものをそぎ落とし、ユーザー毎にピッタリの引越しの見積もりを出してくれます。

本当に引越し料金の最安値、底値を引き出せるのは、むしろ見積もりを出してもらうタイプの単身パックです。

また、 「見積もりを出してもらうタイプの単身パック」は近場の引越しなら、4時間くらいで引越し作業を終わらせるようにスケジュールを組み立てることも可能です。

引越し業者が見積もりを出す「単身パック」

大半の大手引越し業者がうたっている「単身パック」は、引越し業者が見積もりを出すタイプの「単身パック」

ユーザー毎に引越し業者が見積もりを出す「単身パック」の流れ

ユーザー毎に引越し業者が見積もりを出すタイプの「単身パック」の見積もりは、ファミリーの見積もりの流れとほとんど同じです。

見積もり依頼の電話をする

引越し業者に引越の見積もりをしてほしいことを伝える。

引越しの一括見積もりが便利。

右の「単身・1人暮らしの一括見積もりスタートボタン」から見積もりを始めてください。

電話の聞き取りで見積もり

ユーザーの荷物量が各引越し業者の単身パックに該当するなら電話の聞き取りで見積もり。

自宅を訪問して見積もり

荷物量が各引越し業者の単身パックに該当していなければ、引越し業者の営業マンが自宅を訪問して見積もり。

各引越し業者の見積もりが出揃う

それぞれの引越しの見積もりを金額以外の条件も加味しながら比較検討。

引越し業者に回答を連絡

見積もりを取った全ての引越し業者に回答。

荷造り

引越しを依頼する引越し業者の指示通りに荷物をまとめておく。

引越し当日

ユーザー毎に引越し業者が見積もりを出す「単身パック」の概要

引越し専業の引越し業者のほとんどが「単身パック」をうたっていますが、日本通運やクロネコヤマトが展開している「単身パック」のようなものではありません。

ユーザーごとに見積もりが必要

一般的な引越し業者の「単身パック」のほとんどが単身、一人暮らしの引越しでもユーザーごとに見積もりが必要

引越し専業の引越し業者のほとんどの「単身パック」は、単身、一人暮らしの引越しでもユーザーごとに見積もりが必要になり、引越し料金もユーザー毎に違います。

これにはいろんな考え方がありますが、「ユーザーごとに見積もりをするという手間をかけてでも、引越し料金を安くしてあげたい」という引越し業者の姿勢の現れでしょう。

確かにパッケージされた引越し料金だと、見積もりという手間がひとつ省けますが、引越しはユーザーごとに条件がかなり違います。

同じパッケージの引越しを利用しても、ユーザーによっては割高になることもあるのです。

実際に見積もりを出してもらうほうが、引越し料金が安くなる傾向にあります。

引越しのスケジュールなどにも融通が利きます。

大手の各引越し業者がホームページでうたっている「単身パック」は以下のように公開されています。

アート引越センターの単身パックの見積もり

アート引越しセンターのホームページから「単身パック」という言葉は消えました。

代わりに「お一人のお引越」という」見積もり申し込みフォームが用意されています。

アート引越センターのホームページ
アート引越センターの「単身引越パック」

アート引越センターの「単身引越パック」では訪問見積りが必要なのかも

 

お一人のお引越|引越し料金・費用の見積もりはアート引越センター

https://www.the0123.com/style/tanshin/

お一人のお引越についてご紹介しています。アート引越センターでは、ご家族や単身の引っ越しなど、お客さまの生活にあわせたプランをご提案いたします。また、オフィス移転など、法人向けサービスも充実しています。引越しの見積もりはすべて無料です。引越しのことならアートにお任せください。

アート引越センターのホームページで用意されているホームページには「単身パック」の料金や内容が明確には書かれていません。

代わりに「お一人のお引越についてご紹介しています。アート引越センターでは、ご家族や単身の引っ越しなど、お客さまの生活にあわせたプランをご提案いたします。」とあります。

アート引越しセンターの単身引越しの見積もり手順がファミリー引越しと違う点

アート引越しセンターの「お一人のお引越」専用見積もり入力フォームは、ファミリー引越しとほぼ同じです。

また、「単身のお引越」という専用見積もり入力フォームに「お見積もり希望日」という項目がある点と、荷物リストの入力項目がない点から、アート引越センターの「単身引越パック」では訪問見積りが必要なのでしょう。

アート引越しセンターは最近、単身引越しのスマートフォン用アプリを用意したようです。

TVCMでやってますね。

引越しはそんなにするものじゃありませんから、1度しか使わないのにアプリまでダウンロードするのはどうなんでしょうか。

アリさんマークの引越社の単身パックの見積もり

アリさんマークの引越社のホームページでは「ミニ引越しプラン」という専用ページを用意して単身の引越しに対応しています。

アリさんマークの引越社のホームページ
アリさんマークの引越社の「ミニ引越しプラン」

アリさんマークの引越社の「ミニ引越しプラン」は、プランの内容からご利用の際の注意点まで丁寧に載っているが、料金の掲載はない

単身 引越|ミニ引越しプラン|引越しのことなら【アリさんマークの引越社】

http://www.2626.co.jp/single/

住まいの引っ越は引越し業者【アリさんマークの引越社】へ!学生さん、シニアの方、単身赴任、社会人の方の荷物の少ない単身引越しには「ミニ引越プラン」がお勧めです。

 

アリさんマークの引越社のホームページで用意されている「ミニ引越しプラン」のページでは「単身パック」という言葉は使われていませんが、「プラン」という呼称でコースが細かく分かれています。

1「超ミニ引越しプラン」

ダンボールのみ10個までの手軽なお引越し。

2「特ミニ引越しプラン」

ダンボール15個までとテレビ(小)チェスト(小)くらいのお引越し。
たたみ1畳ぐらいの広さに入る量が目安です。

3「ミニ引越しプラン」

ダンボール20個までと、テレビ・冷蔵庫・洗濯機・電子レンジ・自転車などのお引越し。
たたみ3畳ぐらいの広さに入る量が目安です。

アリさんマークの引越社の「ミニ引越しプラン」は、プランの内容からご利用の際の注意点まで丁寧に載っています。

きちんとプランの内容は紹介されているのですが、対応する料金がどこにも載っていないので、実際に見積もりを取ってみるまで金額はわかりません。

料金等は、各担当支店、営業スタッフにお問い合わせください。お見積りのご依頼をお待ちしております。

とありますので、「ミニ引越しプラン」を利用する際にも見積もりが必要ということです。

「ミニ引越しプラン」なら、電話での見積もりも可能だとのことです。

ハート引越センターの単身パックの見積もり

ハート引越センターのホームページでは「単身者用の引越し見積りフォーム」という専用ページを用意して単身の引越しに対応しています。

ハート引越センターのホームページ
ハート引越センターは「ミニトラック引越便」をメニュー化

ハート引越センターは「ミニトラック引越便」をメニュー化し、リーズナブルな引越しを提供

単身者用の引越し見積りフォーム引越しならハート引越センター

https://www.hikkoshi8100.com/content/mitsumori/form_single_01.php

引越しならハート引越センター。プロにお任せ!単身、オフィスの引越しはハート引越センター。クイック見積りもご用意しています。

ハート引越センターのホームページで用意されている「単身者用の引越し見積りフォーム」のページには「単身パック」という言葉が使われていません。

代わりに「単身者用の引越し見積りフォーム」が用意されています。

ハート引越しセンターの単身者用の引越し見積り手順がファミリー引越しと違う点

ハート引越しセンターの「単身者用の引越し見積りフォーム」は、ファミリー引越しとほぼ同じです。

しかし、「単身者用の引越し見積りフォーム」の入力を進めていくと、最後に「ご希望連絡方法」という項目が用意されていて、下記の中から連絡方法を選べるようになっています。

●E-mail ●電話 ●FAX
※お急ぎのお客様は「電話」を選択して下さい。追ってご連絡差し上げます。

ですので、ハート引越しセンターではメールでの見積もりも可能です。

実際、ハート引越しセンターさんはメールでの見積もりにも丁寧に対応してくれます。

さらにハート引越しセンターは新しい事業展開にも取り組んでいます。

ミニトラック引越便

軽トラック1台と作業員兼ドライバー1名でお伺いします!

引越センターの多くは、2トントラック2名乗員で行うのが一般的。経費が高い分、引越し料金をお安くしても限界がありました。でもご単身のお荷物なら「軽トラックで十分」という方がたくさんいらっしゃいました。そこで当社は「ミニトラック引越便」をメニュー化し、リーズナブルな引越しを提供いたしま す。近距離引越し 7,350円~

こちらも合わせて検討してください。

まとめ

  1. 単身パックの種類は大きく分けて2種類です。

  2. ユーザーが引越しのパッケージを選ぶタイプの単身パックと引越し業者に見積もりを出してもらうタイプの単身パックに分けることができます。
  3. 引越しのパッケージを選ぶタイプの単身パックの特徴は、運ぶ荷物の容量を限定していることです。

  4. 越しのパッケージを選ぶタイプの単身パックの特徴は、引越し料金が統一され公開されています。

  5. 越しのパッケージを選ぶタイプの単身パックの特徴は、引越しの荷物を引越し業者に預ける日と受け取る日が違います。

  6. 引越しのパッケージを選ぶタイプの「単身パック」の流れ

  7. 引越しのパッケージを選ぶタイプの「単身パック」の料金と概要

  8. 日本通運の単身パックは、単身パックsと単身パックLがあり、どちらかを選択できます。

  9. ヤマトホームコンビニエンス(クロネコヤマト)の単身パックは、単身引越しサービスminiタイプと単身引越しサービスがあり、どちらかを選択できます。

  10. サカイ引越センターの小口便引越サービスは、料金までは公開していませんが、カートの数と移動距離によって計算される引越し料金はほぼ定額です。

  11. 個別に見積もりを出してもらうタイプの単身パックの特徴は、見積もりの流れがファミリーの引越しとほぼ同じことです。

  12. 個別に見積もりを出してもらうタイプの単身パックの特徴は、引越し料金の値引きが期待できますから引越しの最安値、底値にたどり着くことができることです。