午後便【引越し見積もり用語辞典】

午後便、フリー便の意味とは。  引越しの見積もりで出てくる用語です。引越しにおける午後便の意味とは。

引越しの見積もりで出てくる用語です。

午後便

【ごごびん】

引越し開始時間がまったく決まっていない引越しがフリー便、とにかく引越し料金が安い

一台のトラックが一日でこなす複数の引越し物件の2件目以降の引越しが午後便

引越し日の正午以降に開始される引越しサービス。

引越し業者が所有する一台のトラックが、一日のうちに複数の引越しを順番に請け負う配車方法によって発生する2件目以降の引越し物件のこと。

一台のトラックが一日でこなす複数の引越しのうち、午前中にこなせる引越し物件が1件のため、2件目以降の引越し物件を午後便と呼ぶ。

2便と呼ばれることもある。

また、実際は3便、4便であることも少なくない。

前に入っている引越し物件の作業終了時間が明確でないため、引越しの作業開始時間を指定できないことが多い。

午後フリー便。

引越し業者内で2便、3便と一日のうちに請け負う引越しサービスの順番で呼ぶこともあるが、ユーザーに対しては午後便、フリー便としている。

午後便は引越し作業にかかる時間が限られるので、引越し荷物の総量が4トントラック分以下で移動距離が短い引越しが対象となる。

引越し業者を選べる訪問見積もり

無料見積り依頼スタート

午後便のメリット

財布にやさしい午後便・フリー便の引越し

財布にやさしい午後便の引越し

朝一番、午前8時~9時に開始される1便の引越しと比べて引越し料金が格段に安くなります。

午後便の引越しは、朝一番から作業を開始する場合の引越し料金のおよそ半額になることもあります。

一台のトラックで一日のうちに複数の引越しを請け負う事ができると、トラック一台にかかる費用と共に行動する作業員にかかる費用を1件目の引越しですでに回収できていて、2件目の引越し以降は全て利益だといわれているくらい、引越し業者にとって極めて効率のよい配車方法になっています。

午後便のメリットは引越し業者にだけあるわけではなく、ユーザーにも料金面で大きく還元されていることが多く、午後便であることの割引はかなり大きなものとなり、引越し作業の時間帯を気にしなければ格安の引越しを実現することができます。

引越し業者を選べる訪問見積もり

無料見積り依頼スタート

午後便のデメリット

引越しが重なる時期の午後便・フリー便では引越しの終了時間が夜中になることも珍しくない

引越しが集中する繁忙期の午後便では引越しの終了時間が夜中になることも珍しくない

午後便の引越しは、作業開始時間を指定することができません。

一台のトラックが複数の引越しを一日でこなすことで発生する2件目以降の引越しが午後便ですから、午前中に請け負っている引越しの時間がずれ込む事があれば、その分午後便の作業開始時間がずれ込むことになります。

一台のトラックが担当するすべての引越しが予定通りにいったとしても、午後便では引越し作業の終了時間がかなり遅くなることがあります。

ましてや1件目の引越しにトラブルがあれば、午後便の引越しはトラックの到着が更に遅れることになります。

繁忙期や月末、週末などの引越しが重なる時期の午後便では、トラックの到着が夕方以降になり、そこからの作業開始で午後便自体の引越しはスムーズに行ったとしても、引越しの終了時間が夜中になることも珍しくありません。

午後便は訪問見積もり時の打ち合わせ不足や、引越し業者とユーザーの認識の違いから、引越し当日のクレームやトラブルの原因にもなっています。

そのリスクと料金が割安な理由を把握した上で午後便を利用しましょう。