引越しの訪問見積もりでやってはいけないこと

引越しの見積もりでやってはいけないこと引越し業者に見積もりを依頼すると、訪問見積もりを勧められます。

この引越し業者の無料サービス「訪問見積もり」はとても便利なサービスなので、是非、利用していただきたいのですが、その訪問見積もりの際に気をつけたいことです。

サービスを利用する側にもそれなりのマナーがあります。

以下にあげているのは、引越しの見積もりでやってはいけないことです。

複数の引越し業者の見積もりを同時にするのはマナー違反

見積もりのダブルブッキング

一番やってはいけないのが、引越し業者の訪問見積もりでのダブルブッキング。見積もりを辞退されることも

複数の引越し業者の営業マンに同時に家の中に入ってもらって、各社いっせいに見積もりを出してもらうことは可能でしょうか?

よくある問い合わせなのですが、ひとことでいうと無理です。

2社以上の引越し業者の訪問見積もりの時間がバッティングすると、どの引越し業者も見積もりを辞退するでしょう。

基本的に引越し業者の見積もりは、1社1社個別に行います。

もし、ユーザーが複数の引越し業者を同じ時間帯に呼んだら、一番に来た引越し業者の見積もりが終わるまで他の引越し業者が見積もりに入ってくることはありません。

玄関先で今見積もりしている引越し業者が出てくるのを待つか、見積もりの日程を延期します。

他社の見積もりを邪魔しないのが引越し業者間の暗黙のルールなのです。

他社の見積もりが終わるまで待っているのは、あくまでも後から来た引越し業者の営業マンが先に見積もりに入っている引越し業者に対して配慮しているのであって、見積もりに呼んだユーザーに対する配慮ではありません。

むしろ同じ時間帯に複数の引越し業者を見積もりに呼んだユーザーに対して、かなり悪い印象を持つことになります。

後から来た引越し業者は最悪の場合、引越しの見積もりを辞退します。

「こんなマナーの悪いユーザーの引越しを請け負ったら、どんなクレームをつけられるか解かったもんじゃない」と、見積もりをせずに帰ってしまうこともあるのです。

  • 複数の引越し業者の見積もりを同じ時間帯に行うことはできない

複数の引越し業者に訪問見積もりを依頼する場合、引越し業者のはちあわせ、ダブルブッキングは避けてください。

訪問見積もりの時間は各引越し業者で1時間程度ずらして依頼してください。

充分に時間をずらしたつもりでも、予定よりも見積もりに時間がかかってしまい、後から来た引越し業者の見積もりを待たせてしまうことがあるくらいなのです。 

引越し業者を選べる訪問見積もり

無料見積り依頼スタート

引越し業者の話を聞かずに料金だけを聞こうとするのはマナー違反

????

営業マンは会社のPRをしなくてはいけません、そんなに長い話ではありませんので、そこは黙って聞いてあげてください

引越し業者を見積もりに呼ぶと、引越し業者の営業マンが来て家中を見て回った後、ある程度の時間を割いて、作業の特徴、保証の内容、お客様からの評判など、自社のPRをします。

  • 引越し業者には一連のPRが終わるまで「引越しの料金を提示してはいけない」という決まりがある

このPRを聞いてもらえないと、引越し業者は見積もりの料金を出せません。

PRする方法は引越し業者によってさまざまな形があります。

ビデオやDVDを見せる引越し業者、パンフレットに沿って話をする引越し業者、アンケートの結果や満足度ランキングといった他者からの評価など、それぞれの資料を使って自社のよい部分をアピールしてきます。

最近ではタブレットを使って自社の特徴を説明する引越し業者もあるようです。

この自社の説明が一通り終わるまで、引越し業者は本題の引越し料金を提示しません。

というのも、営業マンは会社にそう指示されているのです。

そんなに長い話ではありませんので、そこは黙って聞いてあげてください。

  • 引越しについての質問や相談は引越し業者の話をひと通り聞いてから
引越しの見積もりは引越し当日の打ち合わせ

引越しの訪問見積もりは引越し当日のことを詳しく知るための打ち合わせでもある

引越し業者の営業マンが見積もりのときにする話の一部には、引越し当日までの流れや引越し当日の事柄も含まれています。

引越し業者からすれば「荷造りの方法」や「引越し当日までにユーザーがしておかなければならないこと」、「引越しにどのような準備が必要か」など、引越し当日までの流れをユーザーに理解してもらうことも訪問見積もりの目的のひとつになっています。

さらに、引越し当日はどのように作業が進むのか、引越し業者の作業開始のタイミングからユーザーが旧居から新居へ移動するタイミング、引越し当日のスケジュールや引越し業者はどこからどこまでの作業を請け負うのかなど、直接引越し料金とかかわってくる事柄も訪問見積もりのときに詳しく説明します。

引越しはそう何度もする事柄ではないので、引越し業者を使って引越しをするのは初めてというユーザーが多く、引越し業者のサービス内容をよく知らないで見積もりを依頼している場合が多いのです。

ですから、引越し業者はサービスの内容、ユーザーがしなければならないこと、引越しまでのスケジュールなどを丁寧に話します。

複数の引越し業者から見積もりを取る場合でも、一社目の引越し業者から聞いた話で大体わかったからと、引越し業者の話を遮らずによく話を聞いてみてください。

引越し業者の話をよく聞いていれば、引越し業者によってサービスの内容や荷造りの方法が違うことに気づき、引越し業者を決めるのに役立つはずです。

一通り話を聞いてわからないことがあれば、質問してください。

料金やサービスの内容についても最後に相談してみてください。

  • 引越しの訪問見積もりは各社一度きり

訪問見積もりのときに引越し業者がする話をよく聞いておかないと、ユーザーは大きく損をしたり、引越し当日までとても不安な思いをすることになります。

なぜなら、引越し業者は訪問見積もり以降、引越し当日までユーザー宅に伺うことはないからです。

伺うことがあったとしても荷造りに使うダンボールを届けにくる作業員くらいで、担当の営業マン本人が、もう一度ユーザー宅に来ることはありません。

ダンボールを届けに来る作業員はユーザーの引越しの内容を全く知りませんから、何を聞いても回答は得られません。

引越し業者に電話をしても担当の営業マンは、ほぼ外回りで会社にいないので「担当者から折り返しご連絡します」という対応になってしまい、ユーザーへの回答にはそれなりに時間がかかってしまいます。

結果、引越し業者の話をよく聞いていなかったユーザーは「訪問見積もりの時、もっとよく聞いておけばよかった」ということになってしまうのです。

  • 引越しの見積もりは、引越し日までのスケジュールと引越し当日の打ち合わせでもある

どの引越し業者に依頼するかは別にして、ユーザーは訪問見積もりに来たすべての引越し業者と、引越し当日までの打ち合わせをするつもりで訪問見積もりに臨んでください。

引越しの訪問見積もりは引越し業者独自のサービスや引越しへの取り組み方を聞き出して、引越し業者を決めるときの大きなポイントにもなります。

例えば、タンスの中身をすべて出さなければならない引越し業者と、タンスの中身を出さなくて良い引越し業者が同じ引越し料金だったら、迷わず後者の引越し業者を選ぶべきです。

タンスの中身が入ったまま運ぶことができれば、荷造り、荷解きが楽な上に、荷物の総量を抑えることができるからです。

これも訪問見積もりのときに引越し業者に確認しておかなければユーザーにはわからない事柄なのです。

他にもハンガーボックスは用意してくれるのか、またそのハンガーボックスはどのタイミングでユーザーのもとに届くのか、食器専用梱包資材はあるのか、新聞紙を使うのかなど、訪問見積もりで確認したい事柄はたくさんあるのです。

引越し業者を選べる訪問見積もり

無料見積り依頼スタート

大事なことが決まっていないのに見積もりを依頼するのはマナー違反

95c321134b0415c864debde969b23659_s

なかなかまとまらなかった家族も、第三者の意見で引越先の不動産物件を決めてしまう

「引越し先の住所」「引越しの希望日」「引越し先にもっていく物」の三つが決まっていないと、引越しの見積もりは出せません。

「だいたいでいいので見積もりを出して欲しい」と言われても、実際にその日に引越しを請け負えるかも解らなければ用意するトラックも決まっていませんので、引越し業者はいちばん高くなるであろうパターンの引越し料金しか答えられないのです。

引越し業者がやむなく参考に出した金額でも、ユーザーにとっては他の引越し業者と比較する材料になってしまいます。

不確定な要素があるがゆえに高めの引越し料金になっただけで、ユーザーからすれば「あの引越し業者は高かった」という評価になってしまうのです。

引越し業者からすれば、まだ見積もりも出していないのに大事な見込み客を失うことになります。

逆に安めの引越し料金を電話口で言ってしまい、実際ユーザー宅に訪問見積もりしてみたら、電話で言った料金よりも高い引越し料金でしか請け負えない条件があった場合、「電話では安い金額を言ったのに」とユーザーに思わせてしまいます。

引越し業者に電話して「だいたいいくらか」と訪ねても引越し料金を聞き出せないのはこういう事情があるからなのです。

  • 「だいたい」「およそ」の金額というのは見積もりではない

上記の三つが決まっていないと予定は未定、どんなに見積もり金額をはじいても、実際の引越し料金は上記の事柄が決まってから、再度、引越し料金をはじき直すことになるのです。

「再度計算しなおさなかればならない引越し料金」「引越し当日、追加料金が発生するかもしれない引越し料金」は、見積もりではありません。

それは、ただの「相場」です。

サービス施行前に料金やサービスの内容を決めることが見積もりなのです。

ですから見積もりはユーザー毎、引越し物件毎に唯一無二のもので、同じものは二つとして存在しません。

情報が溢れかえるインターネットの中をどれだけ探してもユーザー本人の引越しの見積もりはどこにもないのです。

  • 「引越し先の住所」「引越しの希望日」「引越し先にもっていく物」は訪問見積もりのときに決まることが多い

訪問見積もりはあらゆる事柄を決定するタイミングでもあります。

タンスを捨てるか持って行くかで迷っていたユーザーが、訪問見積もりのときに「タンスを捨てるとを決意した」とか「タンスは捨てずに運んで大切に使い続けると決めた」ということは少なくありません。

ひとつの荷物を持っていくか行かないかの判断材料として、引越し料金との兼ね合いがあるからです。

引越し料金は荷物が少ないほど安くなりますから、そこは引越し業者と相談してから処分するしないの判断をしようということになるのです。

訪問見積もりでは、引越し業者の営業マンも親身になって相談に乗りますから、ユーザーにとって良いアドバイスを貰えるはずです。

相談した結果の決断は意外と早いものです。

 

引越し業者を選べる訪問見積もり

無料見積り依頼スタート

引越し業者に荷物、または荷物の一部を見せないのはマナー違反

訪問見積もりの一番の目的は引越し業者が荷物の量を確認することなので、すべての荷物を引越し業者に見せる必要がある

訪問見積もりの一番の目的は引越し業者が荷物の量を確認することなので、すべての荷物を引越し業者に見せる必要がある

引越し業者が提供するサービス「訪問見積もり」の目的は多々あります。

現住所(旧居)に隣接する道路の状況を見て通行できるトラックの大きさを確認したり、引越し当日までにユーザーがしなければならないことを伝えたりと、引越し業者は引越し料金を伝えるためだけにユーザー宅を訪問しているわけではないのです。

中でも訪問見積もりの一番の目的は、引越し業者がユーザーの荷物の量を確認することにあります。

すでに荷造りができていれば、引っ越しの荷物となるダンボールの数と家具、家電の点数を明確にすることによって引越しの見積もりはすぐに出せます。

しかし、引越しの見積もりを取る時点で荷造りが完了しているユーザーはほとんどいません。

引越し業者の訪問見積もりは、荷造りする前の生活している部屋の中を見て、そのユーザーの引越に必要なダンボールの数から、必要になるトラックの大きさなどを引越し業者が計算して見積もりを出すというサービスです。

ですから、部屋の中すべての荷物をチェックする必要があるのです。

  • 引越し業者を部屋に入れないのはマナー以前の問題

引越し業者の訪問見積もりを「訪問」という言葉の響きからか「訪問販売」と勘違いしてしまい、玄関での立ち話で事がすむと思っているユーザーが少なからずいます。

そういうユーザーは引越し業者を部屋の中に入れず、荷物が確認できないため、引越し業者は見積もりが出せません。

引越し業者によっても異なりますが、通常、1LDK以上の間取りにお住まいのユーザーの引っ越しなら、引越し業者は荷物の確認をしにユーザー宅を訪問します。

大手の引越し業者はユーザーの間取りが1Rであっても荷物の確認に伺います。

引越し業者は引っ越しの荷物を確認しに来ているのですから、当然、すべての部屋の中に入って引越しの荷物を確認します。

この手順を踏まずに引越しの見積もりは出せないのです。

  • 引っ越しの荷物となるものはすべて引越し業者に見せる必要がある

引越し業者に部屋、荷物の一部を見せないユーザーも少なからずいます。

「奥の部屋は長男が寝てるから」「その部屋は散らかってるから」などの理由で引越し業者に見せられない部屋があると、引越しの見積もりが出せません。

もちろん、見せられない理由があるのはわかるのですが、引越し業者からすれば、引越し当日、訪問見積もりで見なかった部屋から想定外の荷物が出てきた場合、対応することができないかもしれません。

訪問見積もりで引越し業者が見なかった部屋に「ピアノがあった」「ダンボールが予定よりも多く積み上がっていた」など、用意するトラックの大きさや引越し料金まで変わってしまうような事があれば、追加料金が発生して訪問見積もりの意味がなくなってしまいます。

引越しの訪問見積もりは、すべての部屋を見せられるタイミングで依頼してください。

引越し業者を選べる訪問見積もり

無料見積り依頼スタート

引越し業者に嘘をつくのはマナー違反

引越し業者の見積もりは

実際にその引っ越し業者を利用していないのに「あの引越し業者の見積もりは高かった」と言っている方のほとんどが「引越し業者のお断り見積もり」

見積もりのときに「このタンスは持っていきません」と言っておいて、引越し当日「やっぱり運んでください」と言ったら嘘をついたことになります。

このたぐいの嘘はいくら引越しの営業マンにごまかしていたつもりでも、引越し当日必ずばれます。

結果、見積もりの範疇にありませんから、そのタンスは運んでもらえません。

また、「あっちの引越し業者は6万円でしたよ」と、まだ見積もりを取ってもいない引越し業者の名前を出しても、あるいは「さっきの引越し業者の見積もりは5万円だっだのに」と引越しの見積もり金額を少しごまかしただけでも、最終的に引越し業者の担当営業マンは嘘であることを知ります。

引越し業界は同じ業界内での転職が多いこともあり、意外と業界の中で横の繋がりがあるのです。

  • 引越し業界は意外に横の繋がりがある

あまりに不自然な見積もり金額を出している引越し業者があれば、すぐに営業マン個人の携帯電話レベルで、他の引越し業者の営業マンから確認の電話が入ります。

すぐに「A社の見積もりはとても安かった」というユーザーの嘘がばれてしまいます。

結果、嘘をついていたユーザーは引越し業者から「嘘をつく良くない客」だと判断され、優良な引越し業者はその引越し物件から手を引きます。

引越し業者の手の引き方は、ユーザーに対して提示する引越し料金を高額にすることで操作しますから、見積もりを依頼したユーザーは気がつかないことがほとんどです。

この時に出される見積もりの内容がとても高い引越し料金が記してある、いわゆる「お断り見積もり」なのです。

お断り見積もりを出されるユーザーの見積もりでは、いつの間にか有名どころの引越し業者が候補から消えていき、あまり聞いたことのない引越し業者やポストにチラシを入れていた引越し業者だけが候補に残ります。

「有名どころの引越し業者は見積もりが高かったし、今回はあまり聞いたことがない引越し業者だけど、安かったから決めた」というユーザーは有名どころの引越し業者の方からサービスの提供を断られている可能性が高いのです。

実際に、その引越し業者を利用していないのに「あの引越し業者の見積もりは高かった」と言っているユーザーのほとんどがこのパターンです。

そういうご家庭、ユーザーは、引越し業者に「お断り見積もり」を出されているのです。

引越し業者を選べる訪問見積もり 無料見積り依頼スタート

引越しの訪問見積もりに備えて準備したいこと

0-94

引越し業者の訪問見積もりとは、引越し業者の営業マンが実際にユーザー宅を訪問して、荷物や建物の状況を確認し引越し料金を算出する無料サービスのことです。

この引越し業者の訪問見積もり、基本的にユーザー側で特別に準備することは何もないことになっています。

しかし、そこは人と人が行う事柄ですからそれなりの心構えも必要になってきます。

引越し業者が見積もりに来たときに用意してあげるとよいもの、準備しておくと親切な事柄を知っているのと知らないのとでは大きな違いがあります。

引越し業者の営業マンも人の子ですから、見積もりのときに親切にしてあげると、引越しの料金面やサービスの面で後々有利に働くことが多いのです。

  • 見られたくないものだけは片づけを
他人には見せたくないようなものを収納にしまうだけでも、引越し業者から見たユーザーの印象が変わる

他人には見せたくないようなものを収納にしまうだけでも、引越し業者から見たユーザーの印象が変わる

他人に見られたくないものは、訪問見積もりの前に片付けておきましょう。

たとえば、下着や通帳、特殊な趣味の物など、普通、他人には見せたくないようなものは片付けておきましょう。

引越しの訪問見積もりでは、基本的にすべてのお部屋を見て引越しの荷物をリストにする必要がありますが、タンスや衣装ケースまで開けて中身をすべて見るようなことはありません。

他人に見られたくないものは、引き出しなどの収納にしまっておけばよいだけです。

  • 荷物を少なく見せるためではなく、印象をよくするために

引越し業者の営業マンは、とても片付いたモデルルームのような家を想像してユーザー宅を訪れているわけではありません。

もちろん、ユーザーの部屋が散らかっていることに対しての免疫もできています。

しかしながら、訪問見積もりは引っ越しを請け負って、引越し当日、気持ちよく仕事ができるかどうかを引越し業者が見極める場でもあるのです。

引越しを請け負ってはいけないユーザーに対する嗅覚は、営業マンのキャリアとともに研ぎ澄まさており、引越しを請け負ってはいけないと判断したユーザーに対しては迷わずお断り見積もりを出して帰ります。

あまりにもルーズなユーザーは、引越し当日までに荷造りが間に合わなかったり、荷造りが中途半端で中の物が壊れたりする可能性が高く、何かとトラブルになりやすいと判断されているのです。

実際にトラブルになった場合、担当の営業マンは引越し当日携わった作業員達からかなり突き上げを食らいます。

常識のあるユーザーかどうか判断する場としても訪問見積もりは有効な手段となっています。

お部屋の中を片付けておくことは、荷物を少なく見せるためではなく、引越し業者に対してユーザー自身の印象をよくするためです。

引越し業者は印象の良いユーザーに対して、多少、料金を安くしても引越し作業を請け負いたいと考えています。

  • 見たくないものも片づけを
「他人に見られたくないもの」の他に「見たくない他人のもの」も片付けておく

「他人に見られたくないもの」の他に「見たくない他人のもの」も片付けておく

上に挙げた「見られたくないもの」は、あくまでも所有者、つまりユーザー本人の感情です。

では、逆に、ユーザー自身が友人や親類の家を訪れたときに「見たくないもの」を思い浮かべてください。

食べかけの料理、食べ残し、キッチンの流しに溜まった洗い物、脱ぎ散らかした洋服、ペットの汚物、使用済みのタオル、下着などが目に付いたらどう思いますか?

他にもたくさん「見たくないもの」があるかもしれません。

もちろん、生活をしているのですから、タイミングによっては仕方のない場合もあるでしょう。

ましてや引越し前は忙しくて部屋の中のことにかまう暇もないかもしれません。

ですが、人として最低限の気遣いはしておきたいものです。

引越し業者が来る前にひと通り家の中を見渡して、他人が見たくないと思うであろう物は片付けておきましょう。

引越しの見積もりにおいて「このユーザーの引越しを当社で請け負いたい」と引越し業者の営業マンに思わせることができたなら、ユーザーの勝ちです。

必ず引越し料金が安くなります。

なぜなら、引越し業者の営業マンが自分の会社と掛け合ってでも引越し料金を安くする努力を惜しまなくなるからです。

「このユーザーの引越しを当社で請け負いたい」と営業マンに思わせるには、見積もりを依頼したユーザーが、「常識があって清潔なユーザー」である必要があるのです。

  • 引越し業者が書き物をする場所を確保する
できればテーブルや机などの台があると書き物がしやすくなります。地べたで書き物はしにくいものです。

できればテーブルや机などの台があると書き物がしやすくなります。地べたで書き物はしにくいものです。

引越し業者の営業マンは一通り部屋の中を見終えると、見積書を作成します。

そのときに書き物をする場所を作っておくと、見積もりの作成がスムーズです。

引越しの見積書にはたくさんの項目があって結構複雑です。

引越しの見積書は荷物のリストであり、作業当日の作業指示書でもあるのです。

ササッと書いて渡せるようなものではありません。

テーブルや机など、ここで見積書を書いてもらおうという場所を考えておきましょう。

  • 捨ててもよいスリッパを準備する
他人を家に招くとき、スリッパを用意するのがマナーです

他人を家に招くとき、スリッパを用意するのがマナーです

引越し業者の営業マンは、ほとんどの場合、男性です。

その営業マンがほぼすべての部屋を見て周り、荷物のリストを作成します。

よく知らない男性が家の中をペタペタと歩き回ることを想像してください。

スリッパが必要だと思いませんか?

複数の引越し業者から見積もりを取るなら、すべての営業マンに同じスリッパを履いてもらいましょう。

見積もりの後は処分すればいいだけです。

100円ショップにもスリッパがありますよ。

  • ペットボトルのお茶を準備する
ペットボトルは持ち帰ることができますが、缶は飲みきる必要があります

ペットボトルは持ち帰ることができますが、缶は飲みきる必要があります

引越し業者の営業マンは、お客ではありませんから、必ずお茶を出す必要はありませんが、お茶を出してあげるつもりなら、ペットボトルがお勧めです。

営業マンが帰った後、茶碗を洗う必要がありません。

飲み残しがあれば、ペットボトルを営業マンに持って帰ってもらえばゴミも出ません。

営業マンの喉が渇いてないならば、そのまま手土産感覚で持って帰ってもらうこともできますので、わざわざ来てもらったという負い目を感じることも少なくなるでしょう。

引越し業者はお米や洗剤など「見積もり記念品」という名の粗品を持ってきます。

これはその引越し業者にサービスを依頼しなくてももらえます。

「見積もり記念品」は見積もりを依頼したユーザーに負い目を感じさせる要因の一つになっています。

たかがペットボトルのお茶一本ですが、「見積もり記念品」の負い目も軽くなるはずです。

引越し業者を選べる訪問見積もり 無料見積り依頼スタート