養生【引越し見積もり用語辞典】

養生とは。

引越しの見積もりで出てくる用語です。

養生

辞書では四つの意味があります。

ようじょう【養生】
1.生活に留意して健康の増進を図ること。摂生(せっせい)。「酒やタバコをひかえ、つね日頃から―している」
2.病気の回復につとめること。保養。「転地して―する」
3.打ち込んだコンクリートやモルタルが十分に硬化するように、低温・乾燥・衝撃などから保護する作業。
4.家具の運搬や塗装作業などの際に、運搬物や周囲の汚損を防ぐために布や板などで保護すること。「―シート」
a0002_001945ウィキペディアにはこう記してありました。

中国の思想で生を養う、すなわち人間の身体を整える事。転じて、健康を保つことや、傷病を治癒するために保養すること。

建築・土木でいう養生(英語:curing、cure) – 土木工事で打ち終わったコンクリートやモルタルを保護し、充分に硬化させるための作業。

塗装工事などにおいて仕上げ部分以外に余分な塗料が付着しないように、シートを敷いたり、テープを貼って防ぐこと。マスキング(英語:masking)とほぼ同じ意味で用いられるが、厳密には区別されることもある。または、そのときに使われる養生資材(マスカー)、または養生テープ(マスキングテープ)のこと。

作業時における危険防止や事故の予防のために行われる処置のこと。

養生という言葉はいろいろな用途で使われていますが、その意味はおよそ「保養」や「治癒」といった言葉の起こりである「体を整える」という意味と、体を整えるという意味合いから転じて、体以外のものや人の行為に対して「保護する」「防ぐ」という意味の二つに分かれています。

引越しの養生

運搬物に対する保護のことは引越しでは「梱包」と呼び、養生とは言わない

運搬物に対する保護のことは引越しでは「梱包」と呼び、養生とは言わない

引越しにおける養生とは、辞書で言う「4.家具の運搬や塗装作業などの際に、運搬物や周囲の汚損を防ぐために布や板などで保護すること」にあたります。

厳密にいうと、引越しにおける養生は「家具、家電などの運搬作業の際に、建物の汚損を防ぐために布や板で保護すること」となります。

引越しで使われる養生という言葉が意味する保護の対象は「周囲」、つまり建物です。

これに対して運搬物に対する保護のことは引越しでは「梱包」となります。

これを混同してしまって「タンスを養生する」というと意味は伝わりますが、引越し業界では使わない言葉の組み合わせになってしまいます。

部屋の中の養生

部屋の中を養生してから運搬作業が始まる

部屋の中を養生してから運搬作業が始まる

運搬時に建物に傷をつけたり、汚したりしないよう床にはマットを、壁には養生シートでそれぞれ保護してから運搬作業に入ります。

トラックから玄関までの養生

集合住宅ではエレベーターの中までキッチリと養生される

集合住宅ではエレベーターの中までキッチリと養生される

建物の保護は部屋の中だけでなく、トラックの荷台から玄関までの荷物を運び込む導線全てに行われます。

集合住宅のエレベーターやエントランスにも養生が行われます。

引越しの養生の資材

引越しで養生というと「建物に対する保護」のことを指します。

「布や板などで保護すること」の具体的な手法は以下のようになります。

引越しの養生で使われる「布」

sfeefdf引越しで養生に使われる布は専用のマットや毛布などがあります。

新居に運び込んだ家具は所定の位置に設置するまでじかに床に置くことはなく、必ず専用マットや毛布を敷いてその上に置かれます。

運ばれる家具も梱包されていて所定の位置に配置する瞬間まで梱包を解くことはありませんので、建物に施した養生のマットや毛布と合わせて2重に配慮されています。

引越しの養生で使われる「板」

yj-150x150

引越しで養生に使われる板は壁用と床用に分かれています。

養生シートと呼ばれるプラスチックダンボールは壁の養生に使われます。

ダンボールと同じ構造で作られている養生シートは弾力があり、形を変形させて使うことができます。

養生マット、養生ボードと呼ばれるポリプロピレン製の養生材は主に床の養生に使われています。

この養生ボードはお部屋の中で使うことはなく、トラックから玄関までの導線を養生するのに使います。