積み残し・積残し【引越し見積もり用語辞典】

積み残し・積残しとは。

引越しの見積もりでも出てくる用語です。

積み残し・積残し

  • 【つみのこし】

辞書にはこうあります。

  • 積みきれずに一部分を残すこと。比喩的にも用いる。 「 -の船荷」 「 -の案件」
  • 1 積みきれないで残ったもの。「数個の積み残しが出る」
  • 2 時間内にこなしきれなかった事柄。「積み残し事項」

積み残し・積残しという言葉には、大きく分けて2つの意味があるようです。

ひとつは読んで字のごとく、積み切れなかった物そのものを指して積み残しとする場合です。

積み残しになる要因は様々です。

例えば、トラックで物を運ぶ際、荷台がいっぱいになって、これ以上物を積むことができなくなった場合、積み込めなかった物を指して積み残しといいます。

積み残しは物理的な要因だけで起こるものではありません。

物流のターミナルなどで、出発時刻が設定されている定期便のトラックは、定刻になると積み込みを中断して出発します。

その際、まだ積み込まれずにターミナルに残っている荷物は積み残しと呼ばれます。

出発時刻が設定されている定期便のトラックは、荷台が荷物でいっぱいになってなくても定刻には出発しなければならないわけですから、時間が要因で起こる積み残しといえます。

また、人を載せて運ぶ場合にも積み残しという言葉が使われます。

乗客が多すぎて列車に乗せきれず、ホームに残さざるを得なかった客のことを、鉄道会社は積み残しと呼びます。

積み残しという言葉のもうひとつの意味は、比喩的に問題などがまだ片付けられていない状態のことを指します。

時間的な要因で片付けられなかった仕事や、先送りにしている課題なども積み残しとされます。

以前からの問題がまだ解決されていない状態のことも積み残しと呼びます。

便利な一括見積もりで複数の引越し業者に 相見積もりを申し込む

引越し見積もり選べるドットコムで今すぐ無料見積もり依頼スタート

引越しにおける積み残し・積残しとは

引越しにおける積み残しとは、引越しの荷物をトラックの荷台に積み込み作業を始めた後、様々な理由から積み込み作業を途中で止めた時、その時点で積み込まれていない荷物のことを指します。

一般的には積み残しという言葉から、あまりいい印象を受けないのですが、引越しにおける積み残しは、けして悪い意味だけではありません。

引越しの作業中に積み残しが出ることは珍しくないですし、積み残しが出ることが必ずしもユーザーにとってマイナスなことばかりではないのです。

引越し業者は後に運ぶ予定がある場合でも、積み込み作業の途中でトラックが積み地を離れると、その時点で積み込んでいない引越し荷物のことを積み残しと呼びます。

ただし、積み残しが出ない方がいい引越しなのに積み残しが出るのは最悪の状態です。

引越しで積み残しが出る要因を挙げていきます。

便利な一括見積もりで複数の引越し業者に 相見積もりを申し込む

引越し見積もり選べるドットコムで今すぐ無料見積もり依頼スタート

ピストン輸送で引越しをする際の積み残し

ピストン輸送の引越しとは、旧居と新居を1回以上往復して荷物を運ぶ引越しのことです。

ピストン輸送の引越しでは、まず、旧居である程度の荷物を積み込んで、新居に向かい引越し荷物を降ろして搬入します。

新居で荷物の搬入が終わったら、旧居に戻り、残りの荷物を全て積み込んで新居に運んで搬入します。

ピストン輸送は使用するトラックに引越しの荷物全てを一度では積み切れないときに使う輸送方法です。

見積もりの段階で、ピストン輸送での引越しになることは決まっているのですが、旧居である程度の引越し荷物を積み込んで、一度、トラックが旧居を離れるとき、トラックに積んでいない残りの引越し荷物のことを積み残しと呼びます。

もちろん、もう一度、旧居に戻って積み込む予定の積み残しですから、この時の積み残しに悪い印象を持つ必要はありません。

引越し業者的にはピストン輸送の際の積み残しに関しては、主にその量を確かめる際に使う言葉になっています。

ピストン輸送の引越しは見積もりの段階から積み残しが出ることを想定していますから、ピストン輸送の際の積み残しに関して心配する必要はありません。

便利な一括見積もりで複数の引越し業者に 相見積もりを申し込む

引越し見積もり選べるドットコムで今すぐ無料見積もり依頼スタート

宵積み・夕積みで引越しをする際の積み残し

宵積み・夕積みの引越しとは、引越しの前日に引越し荷物の一部をトラックに積み込んでおいて、翌日に残りの荷物を積み込む引越しのことです。

荷物がとても多い引越しや移動距離が長距離になる引越しは、スケジュール的に宵積みが必要になることがあります。

また、マンションなどの集合住宅の一斉入居では、混乱を避けるためにエレベーターを引越し作業に使える時間帯が入居予定者ごとに割り振られている場合があります。

そのエレベーターの使用時間が午前中であった場合、引越し当日の朝からすべての荷物を運び出していたのでは間に合いません。

引越しの前日から宵積みをかけてある程度の引越し荷物をトラックに積み込んでおかないと、新居へ搬入する時間がエレベーターの使用時間に間に合わないのです。

宵積みがある引越しの場合、引越しの前日に一部の荷物をトラックに積み込んでおくのですが、この時にトラックに見込まなかった荷物のこともまた積み残しと呼びます。

引越し当日、必ず積み込む予定なのですから、この積み残しにも悪い意味はありません。

引越し前日の夜と引越し当日の朝、ユーザーが使わなければならないものも積み残しの荷物に含まれています。

宵積みがある引越しの時に出てくる積み残しという言葉もまた、引越し業者的には主にその量を確かめる際に使う言葉になっています。

引越し業者を選べる訪問見積もり

無料見積り依頼スタート

引越し業者の見積もりミスによる積み残し

訪問見積もりで引越しの見積もりをしてもらった場合、引越しに使うトラックの大きさは引越し業者が判断します。

訪問見積もりに来た引越し業者が引越し荷物の総量を見誤ってしまうと、引越し当日、積み残しが出ることがあります。

引越し業者も仕事が欲しいので、引越し料金の見積もり金額をできるだけ安く提示したいと考えています。

訪問見積もりに来た引越し業者の担当者が引越し料金を安く提示する方法は、引越しの日時をトラックの空きが多い日に誘導することと、引越しに使うトラックを小さく見積もることしかありません。

その際、本当は全ての引越し荷物がギリギリ載るか載らないかの大きさのトラックで、積み切りの契約を提案したいとこなのですが、他社の見積もりが積み切りでない場合、自社だけが積み切りというわけにはいきません。

そこで訪問見積もりに来た引越し業者の担当者は勝負をかけてみるのです。

全ての引越し荷物がギリギリ載るか載らないかの大きさのトラックで、全ての荷物を運ぶ契約の見積もりを出すのです。

後は引越し当日の現場の作業員に全てを託すのです。

引越しに使うトラックを小さく見積もると、引越し当日、本当に積み残しが出る可能性もあります。

しかし、その際の積み残しに関しては何も心配することはありません。

全ての荷物を運ぶ契約ですから、引越し業者はピストン輸送してでも全ての荷物を運びます。

全ての荷物を運ぶ契約の引越しで積み残しが出たことで起こるユーザーの不利益は、引越し業者が積み残しを再度、運ぶのに要する時間だけです。

積み切りの契約でない限り、積み残しが出ても引越し業者が全ての荷物に対して責任を持って運びます。

ただし、長距離の引越しであった場合、引越し業者が見積もりの段階でギリギリ載るか載らないかのトラックを配車することはありません。

引越しの移動距離が長いとピストン輸送ができませんから、全ての引越し荷物を余裕で積み込めるトラックを用意する必要があるからです。

便利な一括見積もりで複数の引越し業者に 相見積もりを申し込む

引越し見積もり選べるドットコムで今すぐ無料見積もり依頼スタート

積み切りの引越しの積み残し

積み切りの引越しとは、使用するトラックの大きさを限定して、そのトラックに積み込めるだけの荷物を運ぶという契約を結んだ引越しのことです。

積み切りの契約で申し込んだ引越しで積み残しが出た場合、残った荷物はユーザーが処理しなければなりません。

積み残しになった荷物は、ユーザー自身が運ぶなり、処分するなりしなければなりません。

積み切りの引越しは訪問見積もりができないユーザーが、引越し業者から電話で見積もりを出してもらう際に結ばれる契約に多くなります。

電話で見積もりをする際、大型家具・家電の点数から引越しに使用するトラックの適当な大きさは引越し業者で判断できますが、小物を詰めたダンボールがどのくらい出るのかまでは、推し量ることができません。

もしかすると、引越し当日、用意したトラックでは全ての引越し荷物を積み切れない可能性もあります。

そういった場合、2トントラックに載せられるだけ載せますという積み切りの引越し契約になるのです。

積み切りの引越し契約は引越し業者から提案されることもあります。

訪問見積もりで引越しの見積もりを取る場合、引越しに使うトラックの大きさは引越し業者が判断します。

まだ荷造りしていない状態のユーザーの部屋の中を見て、引越し荷物の総量がどの程度になるか、その荷物を運ぶのに必要なトラックの大きさまで判断しています。

その際に3トントラックにギリギリ載るか載らないかという荷物量の引越し案件であった場合、4トントラックであれば、余裕で積み込むことができるのですが、4トントラックではどうしても引越し料金が高くなってしまいます。

そこで、引越し業者は3トントラックでの積み切り契約をユーザーに提案してみるのです。

本当に3トントラックにギリギリ載るか載らないかの荷物量ですから、引越し当日、積み残しが出ることもあります。

積み残しが出た場合、ユーザーに荷物を運ぶ手段はあるか、積み残しはユーザーで運ぶことができる量なのか、確認しながらの提案になります。

しかし、積み切り契約にすることによって、引越し料金は格段に安くなります。

引越し業者が積み切り契約を提案してくる条件としては、引越し先となる新居が近いこと、積み残しが出ても少量であること、積み切れる可能性が十分にあることなどが挙げられます。

引越し当日、積み残しが出るかもしれませんが、その量も知れていますし、運ぶ手段も確保できているのであれば、積み切りの引越しは悪い契約ではありません。

積み切りの契約にすることによって、引越し料金が格段に安くなるのですから。