相見積もり・合見積もり【引越し見積もり用語辞典】

0-51相見積もり・合見積もりの意味とは。

引越しの見積もりで出てくる用語です。

相見積もり

辞書にはこうあります。

  • あいみつもり【合(い)見積(も)り/相見積(も)り】
  • 複数の取引先などに同条件で見積もりを提出させ、比較すること。あいみつ。

ウィキペディアにはこう記してありました。

複数の取引先などに同条件で見積もりを提出させ、比較することが相見積もり

複数の取引先などに同条件で見積もりを提出させ、比較することが相見積もり

複数の業者から見積を取る事(見積書を提出してもらうこと)を相見積(あいみつもり)と呼ぶ。

「合見積」とも表記することがある。

口頭では短く「あいみつ」と表現されることがある。

見積もりを一社から提出させるだけでは、比較対象が無く、業者が提出してきた見積がその分野の妥当な価格なのか、それとも(業者があわよくば利益を多めに確保しようと)価格を標準より高めに提示しているのか判断がつきにくい。

複数の業者から提出させることによって、ようやく購入者側は業者の提示したものを相対的に比較検討できるようになる。

この「相見積もり」で重要な点は、辞書にも書いてあった「同条件で」というところにあります。

例えば、パンの製造販売会社が同じ小麦を1トン購入するときに、複数の輸入商社から見積もりを取った場合、それは相見積もりです。

「同じ小麦」「1トン」という部分が「同条件」だからです。

相見積もりは提出された見積もりを相対的に比較することで商品、サービスの真価を見極めるために行うもので、提供される品物がまったく同じものであるときに特に有効です。

 

便利な一括見積もりで複数の引越し業者に 相見積もりを申し込む

引越し見積もり選べるドットコムで今すぐ無料見積もり依頼スタート

引越しの相見積もり

「サービスの内容、品質」を加味して引越し業者を選ばなかったら、結果的に損をする

「サービスの内容、品質」を加味して引越し業者を選ばなかったら、結果的に損をする

引越しの見積もりにおいての相見積もりは、他の業種の相見積もりとは少し内容が違ってきます。

引越しの見積もりは「同じユーザーの引越し条件の下」という点では「相見積もり」ですが、見積もりの結果を判断する基準が「料金」だけではなく、引越し業者が提供するサービスの質・クオリティ、サービス内容そのものによるところが大きいという部分に特徴があります。

前出のパンの製造販売会社が小麦を1トン購入するときに、複数の輸入商社から見積もりを取った場合、「同じ小麦=品物」「1トン=数量」という部分を同条件としていますから、比較する部分はほぼほぼ価格になります。

これに対して引越しの相見積もりの場合、「小麦=品物」の部分、引越しで言えば「サービスの内容、品質」が引越し業者によって違うのです。

  • サービスの内容、品質は引越し業者によって違う

つまり、全ての引越し業者がまったく同じもの(サービス)を提供しているわけではないので、純粋な相見積もりとは少し意味合いが違ってくるわけです。

引越しの場合、「相見積もり」というよりも「企画コンペ」に近い形になります。

「発注主の希望を汲み取り、引越しの形を組み立てて見積もりを出す」という形は「課題に対する企画」に近いのです。

安くするにも理由があるのかもしれません。

また、その理由は引越しの善し悪しを決める重要な部分であったりします。

とにかく安ければいいという引越しの見積もりの取り方をしてしまい「サービスの内容、品質」を加味して引越し業者を選ばなかったら、結果的に大きく損をすることもあるのです。

  • なぜ相見積もりを取るのか
    なぜ複数の引越し業者から見積もりを取るのか?相見積もりは必須?

 

便利な一括見積もりで複数の引越し業者に 相見積もりを申し込む

引越し見積もり選べるドットコムで今すぐ無料見積もり依頼スタート