相見積もり・合見積もり【引越し見積もり用語辞典】

0-51相見積もり・合見積もりの意味とは。

引越しの見積もりで出てくる用語です。

相見積もり

辞書にはこうあります。

  • あいみつもり【合(い)見積(も)り/相見積(も)り】
  • 複数の取引先などに同条件で見積もりを提出させ、比較すること。あいみつ。

ウィキペディアにはこう記してありました。

複数の取引先などに同条件で見積もりを提出させ、比較することが相見積もり

複数の取引先などに同条件で見積もりを提出させ、比較することが相見積もり

複数の業者から見積を取る事(見積書を提出してもらうこと)を相見積(あいみつもり)と呼ぶ。

「合見積」とも表記することがある。

口頭では短く「あいみつ」と表現されることがある。

見積もりを一社から提出させるだけでは、比較対象が無く、業者が提出してきた見積がその分野の妥当な価格なのか、それとも(業者があわよくば利益を多めに確保しようと)価格を標準より高めに提示しているのか判断がつきにくい。

複数の業者から提出させることによって、ようやく購入者側は業者の提示したものを相対的に比較検討できるようになる。

この相見積もりで重要な点は、辞書にもあったように、それぞれの業者が出す見積もりの内容が同じであることです。

例えば、パンの製造販売会社が生産者とブランドを指定した小麦を1トン購入するために、複数の輸入商社から見積もりを取った場合、それは相見積もりです。

相見積もりに参加したどの輸入業者が出した見積もりも「生産者とブランドを指定した小麦」を「1トン」という部分が同条件だからです。

相見積もりは提出された見積もりを相対的に比較することで商品、サービスの真価を見極めるために行うもので、提供される商品、サービスがまったく同じものであるときに特に有効です。

 

便利な一括見積もりで複数の引越し業者に 相見積もりを申し込む

引越し見積もり選べるドットコムで今すぐ無料見積もり依頼スタート

引越しの相見積もり

「サービスの内容、品質」を加味して引越し業者を選ばなかったら、結果的に損をする

「サービスの内容、品質」を加味して引越し業者を選ばなかったら、結果的に損をする

引越しの見積もりにおいての相見積もりは、他の業種の相見積もりとは少し内容が違います。

引越しの見積もりでは、複数の引越し業者から見積もりを取った場合、ひとりのユーザーの引越し条件のもとという点では「相見積もり」ですが、引越し業者によってサービスの内容やスケジュールが違います。

ですから相見積もりの結果、利用する引越し業者を判断する基準が「料金」だけではなく、引越し業者が提供するサービスの品質・クオリティ、サービス内容そのものによるところが大きいという部分に特徴があります。

前出のパンの製造販売会社が生産者とブランドを指定して小麦を1トン購入するときに、複数の輸入商社から見積もりを取った場合、「生産者とブランドを指定した小麦=品物」「1トン=数量」という部分を同条件としていますから、比較する部分は価格のみになります。

これに対して引越しの相見積もりの場合、「生産者とブランドを指定した小麦=品物」の部分、引越しで言えば「サービスの内容、品質、スケジュール」が引越し業者によって違うのです。

 

引越し業者を選べる訪問見積もり

無料見積り依頼スタート

サービスの内容、品質は引越し業者によって違う

見積もりの対象が引越しの場合でも複数の引越し業者から見積もりを取ることを相見積もりといいます。

しかし、全ての引越し業者がまったく同じサービスを提供しているわけではないので、ひとつの引越しに対して出された複数の見積もりという相見積もりの形式であっても、純粋な相見積もりとは少し意味合いが違うのです。

複数の業者が出す見積もりの対象が、統一された商品やサービスではないからです。

引越しの見積もりの場合、「相見積もり」というよりも「企画コンペ」に近い形になります。

「発注主であるユーザーの希望を汲み取り、引越しサービスの形を組み立てて見積もりを出す」という形は「課題に対する企画」に近いのです。

引越しは何度も経験するものではないので、住み替えのため引越しをするのにどのような手順を踏めばよいか解っていないユーザーが多数います。

見積もりの時点では引越し先となる新居と引っ越したい日は決まっているが、具体的にどうすればいいかは分かっていない、または、決まっていないユーザーが多いのです。

また、引越し業者に依頼すればいいということは分かっていても、引越し業者が提供する引越しサービスがどのようなものか見積もりを出してもらうまで明確になっていません。

引越しというサービスの内容がわからないまま、引越し業者から見積もりを取っていますから、引越し業者は一から引越しを組み立ててユーザーに提案することになります。

ですから、提案する引越しサービスの内容やスケジュールが、各引越し業者によって違うのです。

引越しの相見積もりは、引越し業者がユーザーに対して、引越し当日までの事柄やスケジュール、引越し当日のサービスの内容を提案してプレゼンする場になっているのです。

見積もりの結果、同じような引越し料金であったとしても、2日行程の引越しを提案した引越し業者と、1日行程の引越しを提案した引越し業者では、迷わず後者を選択するべきです。

また、見積もりの内容が、引越し当日、朝から作業してくれる引越し業者と、昼からの作業を提案した引越し業者が同じような引越し料金であったなら、迷わず前者にサービスを依頼するべきです。

昼からの引越しは作業終了時間が遅くなってしまいがちなので、引越し料金が安く設定されていますから、朝から作業を開始する引越しと同じような引越し料金になることはありません。

箪笥の中身を出して梱包しなければならない引越し業者と、箪笥の中身が入ったまま運ぶ引越し業者が同じような引越し料金であった場合、迷わず後者を選択するべきです。

箪笥の中身を出さなくてよいので、荷造りの手間がかなり省けるからです。

引越しの相見積もりでは、提案されるサービスの内容、品質、スケジュールが引越し業者によって違うわけですから、引越し業者ごとに提案された引越しサービスの中身をよく理解しておく必要があります。

引越し料金のみに執着してしまい、引越しサービスの中身を加味して引越し業者を選ばなかったら、結果的に大きく損をすることもあるのです。

 

引越し業者を選べる訪問見積もり

無料見積り依頼スタート

なぜ複数の引越し業者から相見積もりを取るのか

引越しの見積を取るのに、なぜ、複数の引越し業者から見積もりを取る相見積もりでなければならないのか。

引越し料金には定価がないので、それぞれ値引きを競わせるために複数の引越し業者から見積もりを取るべきだと考えるユーザーも多いでしょう。

もちろん、相見積もりは複数の引越し業者に料金面で競わせる部分もあります。

しかし、こと引越しにおいて相見積もりは引越し料金だけに限ったことではないのです。

複数の引越し業者から見積もりを取る意味を考えます。

引越し料金は引越し業者が決める

引越しの見積もりの場で、ユーザーは引越し料金を決めることができません。

引越し料金は必ず、引越し業者が決めます。

見積もりの場で「この引越しを5万円でお願いします」とユーザーが言ったとしても、その引越しを要望どおりの5万円で引き受けるかどうかは引越し業者が決めます。

どのような引越しでも、引越し料金そのものを、いくらで引き受けるかは引越し業者の腹積もりひとつなのです。

訪問見積もりの場で、引越しの合計金額から値引きして欲しいとユーザーが訴えても、値引きするかしないかを決めるのは引越し業者です。

よくいるのが「その見積もりは高い」とか「いやいや本当はもっと安いでしょ」と詰め寄ってくるユーザーです。

どれだけ詰め寄っても引越し業者が大幅に引越し料金を安くすることはありません。

引越し業者が出す引越しの見積もり金額は、ユーザーの思惑や計算、予算など関係ないのです。

ユーザーが「思っていた金額と違う」と引越し業者に詰め寄った場合、引越し業者は「どうぞご検討ください」と見積書を置いて帰ってしまうでしょう。

引越し業者が出した見積もりは「この金額でなら引き受けてもいい」という見積もりであり、「これ以下では引き受けない」という意味を含んでいるのです。

ユーザーが引越し料金を自分で選択したと勘違いしてしまうことも

引越しの見積もりでは荷造り付きのラクラクパック、ユーザーが荷造りする節約コースなど、様々なコースの中から選択できるようになっています。

他にもエアコンの付け外しや不用品処分、テレビの配線、洗濯機の設置など、様々なオプションサービスの中から、必要なオプションをユーザーが選択できるようになっています。

ここでも注意が必要なのです。

確かにオプションサービスを選択したのはユーザーですが、そのオプションを追加することによって増加する引越し料金は引越し業者が決めています。

つまり、引越しにかかる料金、引越しのオプションにかかる料金について、引越しにまつわる料金のどの部分においてもユーザーには決定権がないということなのです。

 

引越し業者を選べる訪問見積もり

無料見積り依頼スタート

引越しの見積もりでユーザーが唯一持っているのは「引越し業者を決める権利」

ユーザーに引越し料金の見積もり額を上下させる権利は無い

ユーザーに引越し料金の見積もり額を上下させる権利は無い

引越し料金を決めるのは引越し業者だとしましたが、では、引越しをするユーザーには何を決める権利があるのでしょうか。

訪問見積もりの場では、引越し料金はまるでレジに商品を通すように引越し業者の営業マンが機械的に電卓で弾いていくだけです。

上に述べたように、その合計金額を上下させる権利はユーザーにはありません。

このままでは、目の前の引越し業者の「言い値」で引越しをすることになります。

引越しの見積もりの場面でユーザーに与えられた選択肢とは

引越しの見積もりという場面で、ユーザーは唯一、引越し業者を決める権利を有しています。

ユーザーには引越し業者が弾き出した見積もり金額を上下させる権利はありませんが、今、目の前にいる引越し業者に頼むか頼まないかを選択する権利を有しているのです。

この選択肢の中には「引越し自体するか、しないか」も含まれます。

そして、後に必ず引越しをするのであれば、ユーザーは「他の引越し業者に依頼する」という選択肢も有しています。

もし、引越し業者の見積もりを1社しか取らなければ、「他の引越し業者に依頼する」という選択肢を放棄したことになります。

つまり、他の引越し業者の見積もりを取らなければ、ユーザーは選択肢が何もない常態になり、目の前の引越し業者がはじいた見積もり金額どおりに引越しをしなければならなくなるのです。

相見積もりを取るということは、ユーザーが持っている唯一の権利、引越し業者を選択する権利を得るということなのです。

引越し業者を選ぶ権利を放棄してしまうユーザーが多い

オプションや引越しのコースを選んだだけで納得し、他の引越し業者から見積もりを取らないユーザーは、意外なほどたくさんいます。

ユーザーがたった一社の引越し業者から見積もりを取っただけで引越しを依頼したとしても、ユーザーが引越し後に後悔したりすることはありません。

ユーザーはその一社の引越し業者の見積もりに納得して引越しを依頼するわけですから、「自分でこの引越し業者を選んだ」という感覚を信じています。

しかし、引越しの見積もりにはその先があって、別の引越し業者からも見積りを取っていれば、まったく違うストーリーが待っているかもしれないのです。

別の引越し業者を選ぶ権利を持つためには、別の引越し業者からも見積もりを取るしかありません。

引越し業者を選択する権利を得るには、面倒でも複数社の引越し業者から引越しの見積もりを取る必要があるのです。

 

引越し業者を選べる訪問見積もり

無料見積り依頼スタート

引越しを引き受けてくれる引越し業者が1社しかない場合

他に引越し業者を見つけない限り、引き受けてくれるという目の前の引越し業者にすがるしかない状態に

他に引越し業者を見つけない限り、引き受けてくれるという目の前の引越し業者にすがるしかない状態に

「他の引越し業者に依頼する」という選択肢が無い状態は、なにもユーザーが複数の引越し業者から相見積もりを取らなかった場合のみではありません。

引越しの繁忙期にほとんどの引越し業者のトラックが埋まってしまった場合の見積もりや、引越し希望日にかなり近づいてからの見積もりの時にも同じように「他の引越し業者に依頼する」という選択肢が無い状態に陥ります。

これはユーザーの意思に関係なく、たくさんのの引越し業者に電話しても「トラックの空きが無い」と断られた末、「やっと引き受けてくれる引越し業者が1社見つかった」という状態になった場合のことです。

まさに引越しを請け負える引越し業者が1社しかない状態です。

そのユーザーの引越しを一社の引越し業者しか請け負えない状態になったときの引越し料金が通常の引越し料金よりも割高なことは容易に想像がつくはずです。

納得のいく引越し料金やサービス内容ではない場合もあるでしょう。

しかし、不動産の契約上、今の住まいは明け渡さなければなりません。

他の引越し業者という選択肢がない場合、この引越しを引き受けてくれるという目の前の引越し業者にすがるしかなくなるのです。

たとえそれがどんなに悪条件でもです。

引越し業者1社からしか見積もりを取らないということは、引越しを引き受けてくれる引越し業者が1社しかない状態と同じことなのです。

なぜ複数の引越し業者から見積もりを取るのか?

答えは見積もりの場面でユーザーが唯一持っている「引越し業者を選択する権利」と、その「選択肢」を得るためです。

 

便利な一括見積もりで複数の引越し業者に 相見積もりを申し込む

引越し見積もり選べるドットコムで今すぐ無料見積もり依頼スタート