引越しの見積りの時、即決ってどうなの?

引越し屋さんの「今、決めたら安くなる」は本当?

「今、決めたら安くなる」は本当です

引越し会社の営業マンは、ユーザーの希望を最大限に考慮しています。

引越し料金が高くても良いなら、朝からでも、繁忙期でも喜んで引越しを引き受けてくれます。

でも、少しでも引越しの価格を安くしたいのであれば、引越し業者の理想のスケジュールに近づくよう、こちらも譲歩してあげればいいのです。

これが引越し業者のトラックが理想とする一日のスケジュール

引越しが安くなる

引越し業者の多くは一台のトラックで一日に複数の引越しを請け負います。

引越し料金は朝から始める最初の引越しが一番高く、以降、順に安くなっていきます。

営業マンは引越し料金は安いほうがいいという、ユーザーの引越希望日に近いトラックの空きを探してくれます。

一軒目より安くなる2件目が開いている日を探す

引越しが安くなった

希望日に近いトラックの空きは、いつ埋まるかわかりません。

引越し業者の営業マンは、引越し業者に1人ではないですし、「安く引越しができるなら、少々のことは我慢します」ってご家庭は、他にもたくさんあるのです。

見積りを置いて帰るということは、いわば、仮押さえ状態。

いつまでも、仮押さえにしておくのは、引越し業者とって、とても良いこととは言えません。

ですから、今、決めてくれたらって値段をだしています。

  • 即決価格はその引越し業者が出せる引越し料金の料金の最安値なのです。

また、即決をせず、後で「あの値段でお願いします」と言っても、たいていの場合、受けてくれません。

でないと、即決価格が嘘になってしまいます。

その辺のプライドは徹底しています。

  • 引越し料金を安くできるワケ
    引越し料金を安くできるワケ