引越しの見積もりを電話で取るときにやってはいけないこと

電話見積もり希望と電話口で伝えてください引越しの見積もりを電話で取るのには時間が掛かります。

家の中にある家具、家電すべてと、家具、家電の大まかな寸法を伝えなければなりません。

これを面倒だと思うようでしたら、訪問見積もりをお勧めします。

しかし、本当に荷物が少ない方は、電話の見積もりで充分ですし、大して時間もかかりません。

ここでは引越しの見積もりを電話で取るときに気をつけたいことを見ていきます。

電話での見積もりじゃ無理な荷物量なのに電話で済ませようとするのはマナー違反

引越しの電話見積もり

引越しの電話見積もりで対応できる荷物の量は引越し会社の社則で決まっている

引越し業者が電話見積もりで対応してくれるのは、比較的荷物が少ないお客様に限られます。

例えば、引越し専業の引越し業者の大手のうちの1社は1.5トン車までの荷物量に限り、電話見積もりに対応してくれます。

電話で引越しの荷物リストを一通り聞いて、荷物の総量が1.5トン車以上になると判断した場合、訪問しての見積もりが必要になります。

同じく、引越し専業の引越し業者の大手のうちの別の1社は、2トン車までの電話見積もりに対応します。

ただし、この引越し業者は電話見積もりは仮契約としていて、引越し当日までに実際の荷物を必ず見に行きます。

「それって訪問見積もりと変わらないのでは?」と思われるかもしれませんが、荷物は確認しに行くだけで料金はすでに決まってます。

引越しの荷物が本当にユーザーが電話で申告した程度の量になのかを確認する程度で、料金の駆け引きとかはありませんから、この訪問には時間はかかりません。

あとは荷造りの方法などを簡単に指示して帰ります。

引越しの見積もりを電話で出すことに関しては、引越し業者によって対応が違いますし、電話見積もりで対応できる荷物の量は社則で決まっています。

  • 一定の荷物量を超えたら、荷物を見ずに見積もり料金を出してはいけないと社則で決まっている

絶対とは言いませんが、各引越し業者から荷物を見ないと見積もりは出せないと言われたら、他の引越し業者に電話しても荷物を見ないと引越し料金を出さないことが多いです。

引越し業者に電話で見積もりを出してもらえる荷物の量を知っておきましょう。

  • 単身、一人暮らしの荷物の量
    単身、一人暮らしの荷物の量

電話で引越しの見積もりを取るのに荷物の申告漏れはNG

電話見積もりの際に、大きな家具、家電についてユーザーの申告もれがあれば、引越し当日トラックに乗り切らない恐れがでてくる

電話見積もりの際に、大きな家具、家電についてユーザーの申告もれがあれば、引越し当日トラックに乗り切らない恐れがでてくる

引越しの電話見積もりでは、まず、引越し業者が荷物リストの聞き取りをします。

ユーザーに対して大きな家具、家電の点数とそれぞれのおよその大きさを聞き、それをリストにした上でトラックの大きさを割り出し、見積もりの金額を決めています。

しかし、その電話見積もりの際に、大きな家具、家電についてユーザーの申告もれがあれば、引越し当日トラックに乗り切らない恐れがでてきます。

引越しの見積もりを電話で取ったら、見積書や契約書があるわけではありませんから荷物の申告漏れがあったか否かを確認する手段がありません。

引っ越し当日、揉めることになる最も多い原因がこの口約束、「言った、言わない」です。

ほとんどのユーザーは引越し業者に押し切られるでしょう。

引越し業者は、引越し当日、荷物がトラックに乗り切らなかった場合、電話での荷物申告で漏れていた荷物を置いて、引越し先に移動することになります。

また、申告漏れしていた荷物を運ぶのに追加料金を取る引越し業者もいます。

  • 引越し業者の荷物の申告漏れに対する対策とは

引越しの電話見積もりが割高になる理由の多くは、この「荷物の申告漏れ」の部分にあります。

引越しの電話見積もりでは、引越し業者が実際に荷物を見て見積もりを出すわけではありませんから、ユーザーが申告した荷物より多め目に計算します。

電話見積もりで引越し業者を決定し、引越し当日、引越し業者が2トン車に積み込んでみると、軽トラック分の荷物しかなかったなんてことはよくあります。

もちろん、想定より荷物が少なかったからといって、引越し料金が見積もり額より安くなることはありません。

むしろ引越し業者は想定より荷物が少なかったことをユーザーに申告しませんから、荷物の総量がでのくらいであったか、ユーザーは知らないことがほとんどです。

電話で見積もりを取った引越しでも荷物が積みきれないことは、ユーザーの申告漏れでもない限りほとんどありません。

引越し業者は電話見積もりで聞いた荷物分よりも大き目のトラックを用意して、荷物の総量が多めの料金を提示していますから、訪問見積もりに比べて電話見積もりが割高になるのは当然です。

もしも、訪問見積もりを受けていれば、このような揉め事やユーザーの損失は生まれないのです。

引越し業者の見積もりを取った後に荷物を増やすのはNG

引っ越し業者の見積もり

引っ越し業者の見積もりを取った後に、大きな物を買うのは避ける

電話の聞き取りだけで引越しの見積もり料金を出すのは、引越し業者にしてみれば、ある意味賭けになります。

電話で見積もりをするとき、荷物のリストを聞き取りするのですが、ユーザーによっては、荷物の申告漏れがあるかもしれませんし、引越しが初めてで何も知らないユーザーが引越し当日までに何か大きな家具を買ってしまうかもしれません。

すると予定していたトラックでは積みきれないということになってしまいます。

電話での引越しの見積もりはある意味口約束ですから、引越し当日、引越し業者の思惑と違う結果にことが多いのです。

しかしながら、誰もが引越しに慣れているわけではないので、荷物の申告漏れは仕方がない部分もあります。

ただ、引越し業者の見積もりを取った後に、大きな物を買うのは避けてください。

引越し当日、増えた荷物分の荷物がトラックに乗り切らなくなります。

もしも大きな家具、家電を買うならば、引越し後に新居で買ってください。

電話見積もり後にやむを得ず家具、家電を増やしてしまったら、増えた荷物分を引越し業者に連絡してください

見積もり後にやむを得ず家具、家電が増えた場合、契約している引越し業者に増えた荷物を申告してください。

先にも書いたように、電話のみの見積もりの場合には、引越し業者の見積もりの中に余裕を持たせるための荷物を多めに計算してありますから、たいていの場合、家具、家電が1点増えたくらいで見積もり金額は変わりません。

むしろ引越し業者は、荷物が増えたことを申告してくれたユーザーから追加料金を取りたくないと考えます。

ところが、荷物が増えたことの申告無しで引越し当日を迎えてしまった場合、キッチリと追加料金を取るか、増えた荷物を運ばないでしょう。

サービスとは人がやることですから、必ず感情の部分が大きく関わってきます。

見積もり後に荷物が増えてはいけないというのは、見積もり時に申告したのであればダンボールも同じように増やしてはいけません。