引越しの見積もりを電話で取るメリットとデメリット

引越しの見積もりを取るには二つの方法があります。

  • 1.引越し業者に電話で見積もりを取る方法

上手な引越しの電話見積もり|電話で見積もりを取る時のコツ引越し会社に引越しの条件を電話で伝え、その内容に対して見積もりの金額を出してもらいます。

  • 2.引越し業者が訪問して見積もりを取る方法

引越しの見積もりを取るなら訪問見積もりをお勧めします引越し会社が家に来て荷物をチェックし、引越しの料金を見積もります。

電話でも訪問でも見積もりにはそれなりに時間がかかります。

ここでは前者の電話で引越しの見積もりを取るときのメリットとデメリットを見ていきます。

引越しの見積もりを電話で取るメリット

メリット 1.引越し当日まで誰にも家の中を見られなくて済む。

引越しの電話見積もり

リラックスした状態で引っ越しの見積もりを取ることができるのが引越しの電話見積もり

訪問見積もりではその名のとおり、引越し会社の営業マンがお宅を訪問します。

この時、荷物の状況を確認する為に家の中全てと、収納の中のほとんどを見て回ります。

また、引越し会社の営業マンは男性であることがほとんどです。

引っ越しの電話見積もりは誰も家まで来ることがありませんので、リラックスしたままの状態で引っ越しの見積もりを取ることができます。

とくに、若い女性の一人暮らしでは、引越し会社が訪問しての見積もりに抵抗を感じるかもしれません。


メリット 2.部屋の中がどんなに散らかってても引越しの見積もりがとれる

「部屋の中が散らかってて恥ずかしい」というときにも引越しの電話見積もりは有効です。

引っ越しまでに部屋を片付けながら荷造りすればよいのです。

電話で引越しの見積もりを取るときのデメリット

デメリット 1.電話で引越しの見積もりを取るには、それなりに時間が掛かる

見積もりの電話

会ったことのない相手に対して、情報伝達の手段が電話というのはかなりのストレスを感じる

引越し会社に電話をかけて、以下の事柄を全て電話口で引越し会社に伝えなければなりません。

  • 氏名
  • 電話番号
  • 現在の住所
  • 現在の住まいの建物に面する道路の状況
  • 引越し先の住所
  • 引越し先の建物に面する道路の状況
  • 引っ越し希望日
  • 荷物のリスト
    • 家具、家電
      家具、家電、それぞれのおよその寸法

上記の事柄を見積もりを取りたい引越し会社の数だけ電話口でいわなければなりません。

電話会社やインターネット接続会社に電話してイライラしたことはありませんか?

会ったことのない相手に対して、情報伝達の手段が電話というのはかなりのストレスを感じるものです。

引越しの見積もりの電話はかなり長くなることを覚悟してください。


デメリット 2.電話見積もりでは荷物の量が限られる

引越しの電話見積もりは「単身、一人暮らしの引越しの荷物量」であることが条件になっています。

少しでも荷物が多いようだと、引越し会社のほとんどが電話での見積もりを受付けてくれなくなります。

  • 単身、一人暮らしの引越しの荷物量とは
    単身、一人暮らしの引越しと引越し料金

デメリット 3.引越しの料金が高めになる

引越し料金は高めになる

引越しの見積もりを電話で取ると、引越し料金は高めになる

引越しの見積もりを電話で取ると、引越し料金は高めになります。

言い方を変えると、電話見積もりだけではその引っ越しの最安値にはたどり着きにくいということです。

引越しの料金はその引越しに使用するトラックの大きさで決まります。

電話見積もりだけでは、このトラックの大きさを大きく見積もっていることが多いということです。

引越し会社は電話の聞き取りで荷物の量を設定しなければならないので、「引越し当日伺ったトラックでは積みきれない」ということがないよう、トラックを少し大きめに設定することが多いのです。

結果、引越し当日のトラックは荷台に余裕のある状態で引越し作業が行われます。

荷物の量にピッタリのトラックを利用してもらいたいのであれば、訪問しての見積もりが必要になります。