引越しの見積もりで迫られる「即決」を回避する方法

引っ越しサービスの条件も料金も納得できるのならば、その場で即回答してもOK引越し業者の中には訪問見積もりに来たその場で即決して欲しいと言ってくる営業マンがいます。

引越し業者が提示したサービスの条件も料金も納得できるのならば、その場で即決してもかまわないと思いますが、どうしても他の引越し業者の見積もりも取って、比較、検討してから引越し業者を決めたいという時の方法です。

引越し業者の営業マンに「自分には決定権が無い」ことを最初に言っておく

見積もりの立会人

引越し会社の営業マンに自分には決定権がないということをハッキリ言っておく

引越しの見積もりで絶対にその場で即決したくないという時、また、後にも別の引越し業者の見積もりが控えているときに使える方法です。

  • 引越し業者の営業マンが見積もりに来たら、まず、自分には決定権がないということをハッキリ言っておきましょう。

引越し会社を決定する権利があるのは、「主人」でも「会社」でもかまいません。

とにかく見積もりの場にいない誰かにしておきます。

これで、「あなたは見積もりの立会人」ということになります。

引っ越しの見積書

引越し会社の営業マンが置いて帰る見積もり書の金額は、その引越し会社の最安値ではありません

「主人」のあるいは「会社」などの決定権がある人でないと、引越し会社を決められないという状況を演出します。

引越し業者の営業マンは、即決ができないことを最初に知ることになりますから、見積もりの金額もある程度は頑張って安くして、他社に負けないようにしてくれるでしょう。

しかしながら、この料金はその引越し業者が出せる最安値ではないことを理解しておいてください。

引越し業者の営業マンが契約をせずに見積もり書を置いて帰るときの引越し料金は、その引越し業者が出せる最安値よりも高く設定しています。

後の値引き交渉に幅を持たせる為と、他の引越し業者の営業マンに見られても恥ずかしくない料金である必要もあるからです。

ですから、この方法は引っ越しの最安値を必ず引き出せるという訳ではありません。

なぜなら、その場で即回答してくれたらという「即決価格」はその引越し業者にとっての底値だからです。

  • 即決価格の良し悪し、見積りの時の即決
    見積りの時の即決ってどうなの?

見積もりを取る引越し会社の順番をコントロールする

大手引越専業系の引越し会社

大手引越専業系の引越し会社への見積もりの依頼は最後にする

これは是非、実行していただきたい方法です。

即決は嫌だからと、即決を迫られない状況を作り営業マンを返してしまうのは、実は損している場合も多いのです。

  • なぜなら、引越し会社の提示する「即決価格」は、その引越し会社の最安値だからです。

実際に即決で決める引越し料金は、見積書を置いて帰る時の引越し料金よりもかなり安いです。

引越しの規模にもよりますが、2万から4万、大きな引越しになると、6~7万円違ってきます。

少なくとも数社の見積もりを取りたいという気持ちは分かるのですが、その場で即回答する「即決」は引っ越しを安くする方法としてもとても優秀なのです。

  • どうしても数社の引越し会社の見積もりを取りたいのであれば、即決を迫ってくるであろう引越し会社の見積もりの順番を最後に回して、即決するからという金額を最後に引き出すことです。

では、引越し会社の中でも、即決を迫ってくる引越し会社はどこなのか。

大手引越専業系の引越し会社は、ほとんどの会社が即決を求めてきます。

  • 引越し業者のタイプ
    引越し屋さんのタイプ
  • もちろん、その場で即回答する即決価格は本当に安いです。

大手引越専業系の引越し業者の見積もりは最後に依頼しましょう。