引越しの見積もりで迫られる「即決」を回避する方法

引っ越しサービスの条件も料金も納得できるのならば、その場で即回答してもOK

引越し業者に引越しの見積もりを依頼すると、訪問見積もりを勧められます。

引越し業者がユーザー宅に来て引越しの荷物を見ながら見積もりを出してくれる訪問見積もりはとても便利なサービスですので、是非、利用したいのですが、引越し業者の中には訪問見積もりのその場で、当社に決めて欲しいと言ってくる営業マンがいます。

引越し業者が提示したサービスの内容にも引越し料金にも納得できるのならば、その場で即決してもかまわないのですが、どうしても他の引越し業者の見積もりも取って、比較、検討してから引越し業者を決めたいという時の方法です。

そもそも引越しの訪問見積もりの時に即決すれば安くなるのは本当か

引越し業者が訪問見積もりの時に言う「今、決めたら引越し料金が安くなる」は本当です。

引越し業者が訪問見積もりに来て、ユーザーに対して最初に提示する引越し料金には、値引き幅という余裕の部分があり、その引越し業者が見積もりとして出せる引越し料金の底値ではありません。

ここからユーザーと引越し業者の値引き交渉が始まるのです。

引越し業者が見積もりの項目を引き合いに出して引越し料金を値引きし、ユーザーに対してどのような言い回しをしたとしても、まだ見積もりの引越し料金んには余裕があるのです。

ユーザーとの交渉で様々なやり取りをして、時には会社に電話をかけて上司と交渉する様を見せ、それでも他の引越し業者の見積もりを取りたいとユーザーが言った時、引越し業者が「もう、このユーザーは、今、この場では決められないから帰ろう」と思った時、初めて引越しの即決価格が提示されます。

「今、この場で当社に決めてくれたら、この引越し料金で請けられます」という引越し業者が出す引越しの即決価格は、その引越し業者が出せる引越し料金の最安値なのです。

ですから、訪問見積もりの最後には、引越し業者から「今、当社に決めてくれたら即決価格で、この引越し料金」という引越し料金と、値引き交渉中に即決価格の一つ前に提示した「今、当社に決めてくれないならこの見積もりを置いていきます」という2種類の引越し料金が提示されるのです。

そのままその引越し業者に決めず、営業マンを帰らせれば、「今、当社に決めてくれないならこの見積もりを置いていきます」という見積もり金額のみが有効になり、即決価格ではなくなります。

また、訪問見積もりの時に即決をせず、後で引越し業者に電話して「訪問見積もりの時の即決価格でお願いします」と言っても、たいていの場合、引越し業者は即決価格では引き受けてくれません。

でないと、引越し業者が提示した即決価格が嘘になってしまうからです。

なぜ引越し業者は即決を求めてくるのか

引越し業者がユーザーに即決を求めてくるのは、引越し業者にとってメリットがあるからです。

引越し業者にとって訪問見積もり時の即決は、大きく分けて3つのメリットがあります。

  • トラックのスケジュールを早く組める

訪問見積もりの時に即決してもらうと、その場で引越し当日に使用するトラックを抑えることができます。

引越し業者は1日でも早くトラックのスケジュールを埋めたいと考えていますから、ユーザーからの回答を早く聞きたがっているのです。

もちろん、その場で自社に決めてもらうのがベストなのですが、もし、そのユーザーが自社に決めなかった場合、すぐに他のユーザーの見積もりを入れなければなりません。

それくらい引越し業者は見積もりの回答を早く欲しがっているのです。

  • ダンボールを配達する必要がない

訪問見積もりに来る引越し業者の営業マンは、いつも充分な数のダンボールを車に積んでいます。

訪問見積もりの際に即決してもらうと、ユーザー宅を離れるタイミングで荷造り用のダンボールを渡すことができるのです。

これが即決でない場合、引越し業者は再度ユーザー宅に荷造り用のダンボールを届ける必要が出てきます。

  • キャンセルが少ない

一度、ダンボールを渡してしまえば、ユーザーからのキャンセルは格段に少なくなります。

これは引越し業者を利用しないのであれば、引越し業者から支給されたダンボールを返却するか、買い取る必要があるからです。

あくまでも「引越しサービスを利用してくれるのであれば、ダンボールを無料で提供します」と謳っているので、サービスを利用しないのであれば、ダンボールは返却しなければなりません。

この手間を惜しむユーザーは、キャンセルしずらくなるのです。

  • ユーザーを迷わせないで済む

引越し業者を決めるまでユーザーはとても迷います。

それでなくても引越しにまつわることで頭がいっぱいになりがちです。

そこへ引越し料金のことで複数の引越し業者とやり取りを繰り返すと、いよいよ混乱して引越し業者を決めるタイミングを見失ってしまいます。

見積もりから時間が経つことで、どの見積もりがどの引越し業者だったのか、分からなくなってしまうこともあるくらいなのです。

結果、引越しまでの期間が短くなり、希望の日時にトラックを抑えることができなくなってしまうことがあります。

また、荷造りに充分な時間が取れなくなって、引越し当日に引越しができなかったり、見積もり金額の他に小物梱包料金が発生してしまうことも珍しくないのです。

即決することで得られるユーザーのメリット

訪問見積もり時にその場で即決することでユーザーが得られるメリットもちゃんとあります。

即決を断る前に知っておきましょう。

  • 見積もりの回数を減らせる

訪問見積もりは時間がかかり、意外に疲れます。

引越しの見積もりを何社も取っていると、どの引越し業者も大体同じ料金だということがわかってきます。

これ以上見積もりを取っても無駄だと分かった時、目のまえの引越し業者で即決することでその労力が減らせます。

  • 見積もり後すぐに荷造りを始められる

訪問見積もりで引越し業者の営業マンから引越し当日までのことや引越し当日のこと聞いていると、すぐに荷造りを始めたくなります。

その時、荷造りにダンボールは必要になりますから、その場ですぐにダンボールをもらえるのは、時間のロスにならずに済みます。

引越し業者を決めるまでは、ユーザーの気持ちは見積もりのことでいっぱいなのですが、引越し業者を決めると、一気に荷造りなどの引越しに向けた本格的な準備が始まるのです。

すぐにでも荷造りに取り掛かりたい衝動は、大量のダンボールによってさらに駆り立てられます。

  • 即決で提示する引越し料金はその引越し業者の最安値

「即決してくれたら」という引越し料金は、本当にその場でしか提示しません。

ほかにも数社から見積もりを取った後「やっぱり御社の即決価格でお願いします」と言っても、まったくの即決価格になることはありません。

以上のことを踏まえて訪問見積もり時の断り方です。

引越し業者の営業マンに「自分には決定権が無い」ことを最初に言っておく

見積もりの立会人

引越し会社の営業マンに自分には決定権がないということをハッキリ言っておく

引越しの訪問見積もりで、絶対にその場で即決したくないという時、また、後にも別の引越し業者の見積もりが控えているときに使える方法です。

  • 引越し業者の営業マンが見積もりに来たら、まず、自分には決定権がないということをハッキリ言っておきましょう。

引越し会社を決定する権利があるのは、主人でも会社でもかまいません。

とにかく見積もりの場にいない誰かにしておきます。

これで、「あなたは見積もりの立会人」ということになります。

引っ越しの見積書

引越し会社の営業マンが置いて帰る見積もり書の金額は、その引越し会社の最安値ではありません

「主人」のあるいは「会社」などの決定権がある人でないと、引越し会社を決められないという状況を演出します。

引越し業者の営業マンは、即決ができないことを最初に知ることになりますから、見積もりの金額もある程度は頑張って安くして、他社に負けないようにしてくれるでしょう。

しかしながら、この料金はその引越し業者が出せる最安値ではないことを理解しておいてください。

引越し業者の営業マンが契約をせずに見積もり書を置いて帰るときの引越し料金は、その引越し業者が出せる最安値よりも高く設定しています。

後の値引き交渉に幅を持たせる為と、他の引越し業者の営業マンに見られても恥ずかしくない料金である必要があるからです。

ですから、この方法は引っ越しの最安値を必ず引き出せるという訳ではありません。

なぜなら、その場で即回答してくれたらという「即決価格」はその引越し業者にとっての底値だからです。

  • 即決価格の良し悪し、見積りの時の即決
    見積りの時の即決ってどうなの?

見積もりを取る引越し会社の順番をコントロールする

大手引越専業系の引越し会社

大手引越専業系の引越し会社への見積もりの依頼は最後にする

これは是非、実行していただきたい方法です。

即決は嫌だからと、即決を迫られない状況を作り営業マンを返してしまうのは、実は損している場合も多いのです。

なぜなら、引越し会社の提示する「即決価格」は、その引越し会社の最安値だからです。

実際に即決で決める引越し料金は、見積書を置いて帰る時の引越し料金よりもかなり安いです。

引越しの規模にもよりますが、2万円から4万円、大きな引越しになると、6~7万円違ってきます。

少なくとも数社の見積もりを取りたいという気持ちは分かるのですが、その場で即回答する「即決」は引っ越しを安くする方法としてはとても優秀なのです。

どうしても数社の引越し会社の見積もりを取りたいのであれば、即決を迫ってくるであろう引越し会社の見積もりの順番を最後に回して、即決するからという金額を最後に引き出すことです。

では、引越し会社の中でも、即決を迫ってくる引越し会社はどこなのか。

大手引越専業系の引越し会社は、ほとんどの会社が即決を求めてきます。

もちろん、その場で即回答する即決価格は本当に安いのですが、大手引越専業系の引越し業者の見積もりは最後に依頼しましょう。

大手運送会社の引越部門、全国展開している宅配会社の引越し部門

地場引越専業系、全国展開していない地元密着型の引越し業者

大手引越専業系、全国に展開している引越し専門業者

この順番で見積もりを取ると、即決を迫られる場面が少なくなります。

訪問見積もりで即決してもキャンセルはできる

引越しというサービスは引越し当日の2日前までキャンセル料が発生しません。

訪問見積もりの際に即決しても引越しの2日前までなら、いつでもキャンセルすることができるのです。

しかし、即決の時にダンボールやガムテープなどの梱包資材を受け取っているならば、その梱包資材は返却するか、買い取ることになります。

梱包資材を受け取った後にキャンセルしても、うまくダンボールを返却する方法がありますから、訪問見積もりの際の即決は必要以上に恐れることはありません。

ダンボールをもらった後に引越しをキャンセルする方法

ほとんどのユーザーが即決している

大手引越し業者の営業マンが訪問見積もりに入って引越しを決めてくる確率は70パーセントです。

これは引越しをするユーザーのうち、70パーセントのユーザーが即決しているということです。

ですから引越し業者の営業マンはいつも営業車にダンボールを満載しているのです。