引越し業者の選び方 | 引越し業者、引越し会社を選ぶコツとポイント

複数の引越し業者から見積もりが一通り出そろったら、実際に引っ越しを依頼する引越し業者を決めなければなりません。

引越しは引越し業者の良し悪しですべてが決まるといっても過言ではありませんから、いろんな基準をもって慎重に決定したいところです。

引越し業者決定の基準はいろいろありますが、おおよそこんな感じです。

引越し業者の営業マン、見積書の印象で選ぶ

相手は営業マンですから、業者や営業マン自身に不利になるようなことは絶対に言いません。

たいてい、どの業者の営業マンも口八丁に手八丁でグイグイ押してきます。

時には猛烈に食下がることもあります。

うわべのことは置いといて、引越しの見積もりで大事なポイントは、

営業マンが言ったことが見積書に書いてあるかどうかです。

引越し業者の営業マン

引越し業者の営業マンの印象はそのまま引越し業者の印象に

引越しの見積り書は複写式になっていて、「業者控え・作業指示書・お客様控え」の3枚構成になっています。

あなたの手元にある、営業マンが置いていった見積書と同じものを引越し当日の作業員も持っています。

そして、それは作業員にとって「作業指示書」になるのです。

見積もりの時に営業マンが、「これも持っていきますよ」「2箇所に分けて降ろしますよ」「これはサービスで処分しますね」などと、調子よく捲くし立てても、それが作業指示書に書いてなければ引越し当日の作業員には伝わりません。

作業員は作業員で、余計な作業はしたくないですから、作業指示書に書いてない作業はしません。

  • 当然、言った言わないで揉めてしまいます。

このトラブルは非常に多く見受けられます。

引越しの見積もりで大事なポイントは、 営業マンが言ったことが見積書に書いてあるかどうか

引越しの見積もりで大事なポイントは、営業マンが言ったことが見積書に書いてあるかどうか

「サービスします」って言われても、有料か無料か見積りに明記してないと引越し当日まで不安になりますよね。

筆者が昔、引越しの営業マンだった頃、このことを踏まえて見積り書を作成していました。

よくコミュニケーションの取れたお客様の見積書は、備考欄が真っ黒になってしまうほどでした。

それは引越し当日の作業員たちからも好評でした。

ほかの営業マンに有りがちな、「言った言わない」で揉める事が少なかったからです。

当時の制約率は90%を誇りました。

引越しの営業マンは、引越しのプロデューサーなのです。

  • しっかりした業者の営業マンは、綿密に見積り書を作成します。
  • 引越しの見積もり書の見方
    引越しの見積もり書の見方

引越し業者のPRポイントで選ぶ

引越し業者の営業マンの話をよく聞きましょう。

聞いているうちにその引越し業者の特徴が見えてきます。

一番解りやすいのは引越し当日、荷物の破損、紛失が出た場合についてです。

「わが社のスタッフはプロぞろいですから破損、紛失は絶対ありませんのでご安心ください」という引越し業者と、「わが社は保険が充実していますから万が一の破損、紛失もご安心ください」という引越し業者では迷わず後者を選んでください。

  • わが社のスタッフはプロぞろいですから破損、紛失は絶対ありませんのでご安心ください
実際、引越しの現場に出たことの無い営業マン、若くて本人に引越し経験があまりない営業マンは、現場でのリスクを知らない

実際、引越しの現場に出たことの無い営業マン、若くて本人に引越し経験があまりない営業マンは、現場でのリスクを知らない

「わが社のスタッフはプロぞろいですから破損、紛失は絶対ありませんのでご安心ください」と言い切れる自信と姿勢はよいのですが、引越し作業は人が行う作業ですから絶対はありません。

もしかすると、現場をあまり知らない営業マンが受け売りで言っているのかもしれません。

実際、引越しの現場に出たことの無い営業マン、若くて本人に引越し経験があまりない営業マンは、現場でのリスクを知りません。

会社のマニュアルを鵜呑みにしていることが多いのです。

また、引越しの営業マンは引越しを決めるのが仕事で、見積もり以降、自分の担当したユーザーの引越し日すら忘れているという引越し業者も珍しくありません。

引越し業者内で完全にシステム化され、目の前の見積もりをこなしているだけの営業マンに多いセリフなので、下手をすると破損、紛失以外の話も信用に値しないかもしれません。

  • わが社は保険が充実していますから万が一の破損、紛失もご安心ください
作業員のレベルが高く維持されていないと、引越し業者が保険に加入するのは難しい

作業員のレベルが高く維持されていないと、引越し業者が保険に加入するのは難しい

この台詞が引越し業者の口から出たら、引越し当日の作業に関しては信用してよいでしょう。

これを言える引越し業者は、まずきちんと保険に入っています。

さらに、保険に加入していても物損が起これば免責といって引越し業者が負担する保証の部分が必ず有ります。

これは引越し業者にとって痛い出費ですから、できるだけ保険を使いたくないのです。

つまり、作業員のレベルが高く維持されていないと、引越し業者が保険に加入するのは難しいのです。

これだけでもレベルが高いことは解ります。

それほど、引越しというサービスを知れば知るほど、人の作業が完璧ではないと感じられるのです。

いつも完璧に仕事をこなして帰ってくるエース級の作業員が、たまたまその日、体調が悪く、ダンボールを落としてしまうことだってあるのです。

そのミスを謝って済ませようとするか、保証しようとするか。

とても大事な判断基準です。

引越しの作業開始時間で選ぶ

引越しの作業開始時間

作業開始時間が書かれていない引越しはどんどん後回しに

もし、「午後フリー便でお安くしますから」ってことで、引越し料金が安くなったなら、「作業開始は昼からです」ってことが多くなります。

これは、「午前中に別の引越しを終わらせてきます」ということです。

ですから、「正確な時間は言えません」となるわけです。

確かに1件目の引越しの作業終了時間は正確にはわかりません。

しかし、最低でも「○時までに作業開始」と見積り書に書いてない引越しは、引越し終了時間が夜中になることだってあります。

夕方、日が暮れてもまだトラックが到着せず、不安になって引越し屋さんに電話しても、「お手元の見積もり書を御確認ください。トラックの到着は昼からとなってます」で終わってしまいます。

確かに夕方7時を回っても「昼から」に変わりはありません。

これがもし、見積もり書に引越し作業の開始時間が書いてあったら、引越業者は予定とは違うトラックを回してでもトラックを向かわせようとします。

その時、後回しにされた他のお客の見積もり書には、開始時間が「昼から」としか書かれていないのです。

こうして見積もり書の内容に従って、作業開始時間が書かれていない引越しはどんどん後回しにされていくのです。

ほとんど夜逃げのような引越しでいいなら、こだわるところではありませんが、真っ暗な新居でダンボールの山の中、一夜を過ごすのはけっこう辛いですよ。

  • 選んではいけない引越し業者とは引越し業者の選び方 | 選んではいけない引越し業者とは

フィーリングで選ぶ

最後はフィーリングなんですが・・・

  • ● 引越し業者に対して今まで持ってる印象
  • ●見積もりに来た営業マンの印象
  • ●値段、料金
  • ●引越しの組み立て方
    (※特に注目してください!)
見積もりの時、引越し当日のことが手に取るように、分かり易く説明できる引越し業者を選ぶと引っ越し当日も安心

見積もりの時、引越し当日のことが手に取るように、分かり易く説明できる引越し業者を選ぶと引っ越し当日も安心

おおよそこの4つで判断するしかないと思います。

「見積もりの時、引越し当日のことが手に取るようにわかり易く説明できる引越し業者」は引越し当日もしっかりした引越しができます。

逆に、料金だけに執着してるような引越し業者は積み残しが出たり、大幅に時間がずれたりと引越し当日に何かとトラブるものです。

引越し業者の営業マンだって仕事が欲しいのでトラックを小さめに見積もりたくなります。

その方が引越し料金が安くなりますから他社に料金で負けないように荷物を少なめに見積もってしまいます。

その結果、「積み残し」が出るわけです。

積み残しが出るともう一台トラックを呼ぶことになり、追加料金が発生する場合もあります。

積み切り」という言葉が出たら要注意です。

料金がちょっと安くなったくらいで家具を傷つけられたり、夜遅くまでかかって、「夜逃げ」みたいな引越しをさせられたのでは、割に合いませんよね。

くれぐれも「安物買いの銭損ない」には、ならないようにご注意ください。

  • 引越しの見積もりでチェックすること
    引越しの見積もりでチェックすること

実際に引越しを依頼する引越し業者は一社のみ

いろんな引越し業者から見積もりを取っても、結局のところ引越しを依頼できるのは一社のみです。

つまり、その一社以外の引越し業者には断りを言わなければなりません。

この「断り」の連絡も上手な方法があります。

  • 引越し業者の上手な断り方
    引越し業者の上手な断り方