引越し業者の選び方 | 選んではいけない引越し業者とは

引越し業者はどこもだいたい同じだと思っているなら、それは大きな間違いです。

ユーザーがよさげな引越し業者だと思って引越しを依頼したら、引越し当日とてもガラの悪い作業員がきて高圧的な態度で作業を進められた。

「でも怖くて何も言えなかった」なんてこともあるのです。

他にも「白ナンバーの引越し業者を選んではいけない」「追加料金を請求されないように気をつける」などとインターネットでよく見かけますが、それは引越し当日になってみないと解らないことなので、気づいた時には「時すでに遅し」です。

選んではいけない引越し業者とはいったいどんな引越し業者なのかを篩いをかけてみつけだします。

訪問見積もりに来ない引越し業者を選んではいけない

訪問見積もりとは引越し業者が直接ユーザー宅を訪問して見積もりをする無料のサービスのこと

訪問見積もりとは引越し業者が直接ユーザー宅を訪問して見積もりをする無料のサービスのこと

訪問見積もりとは引越し業者が直接ユーザー宅を訪問して見積もりをする無料のサービスです。

実際に荷物や建物、隣接する道路の状況などを見て見積もりをするので、引越し当日に追加料金の発生や荷物の積み残しが出にくくなる、引越し業者が無料で提供しているとても有意義なサービスです。

中には引越し業者の訪問見積りを煩わしいと思うユーザーもいるようですが、引越し業者の中にも訪問見積りを煩わしいと感じている業者があるようです。

  • なぜ訪問見積もりに来ない引越し業者を選んではいけないのか

引越しの見積もりを依頼する電話口で「他社の見積もりはいくらですか?それより安くしますよ」と言って実際に自宅を見に来ない引越し業者を選んでしまうと、引越し当日、荷物の積み残しが出る可能性があります。

また、引越しの当日に引越し業者が乗ってきたトラックが家の前まで入れず、別の車両を用意したことで追加料金が発生してしまう可能性も大いにあります。

訪問見積もりをしないということは、引越し前に自宅に来ないのですから、ユーザーの手元に契約書や見積書が手元にありません。

引越し当日に不手際があれば、見積もりの時に電話口で「言った、言わない」で揉めることになります。

契約書や見積書がない場合、ほとんどのユーザーが引越し業者に押し切られてしまいます。

結局、「見積もりに来てくれた引越し業者にすればよかった」と後悔することになるでしょう。

引越しの見積もりは引越し料金の提示だけのためにあるのではなく、スケジュールや使用する車両、資材などを見極めるためにあるのです。

  • 引越しの見積もり書の見方 | 引越し費用の内訳
    引越しの見積もり書の見方 | 引越し費用の内訳

ホームページを公開していない引越し業者を選んではいけない

見積もりを依頼する予定の引越し業者名で検索して、インターネット上にホームページを公開しているか確認する

見積もりを依頼する予定の引越し業者名で検索して、インターネット上にホームページを公開しているか確認する

引越し見積もりなっとくドットコムをご覧頂いているということは、インターネットにアクセスできる環境にあるでしょう。

まず、見積もりを依頼する予定の引越し業者名で検索して、インターネット上にホームページを公開しているか確認してください。

  • なぜホームページがない引越し業者を選んではいけないのか

ホームページはインターネット上に公開している「名刺」「パンフレット」のようなもので、ほとんどの企業が公開しています。

ホームページは企業にとって「名刺」や「パンフレット」のようなものですから、特に利益を生まなくても公開しておくことに意味があるのです。

何かを購入しようと思った場合、インターネットに繋がる環境にあればまず商品名、販売企業名をgoogleで検索するのが多くのユーザーの行動です。

そこに企業紹介、商品・サービス紹介のウェブサイトを用意していないのは「いい企業」といえません。

これは引越し業者でも同じです。

また、ホームページを公開するには少なからずお金が掛かります。

その費用すらかけないということは「今後、継続的にサービスを提供する予定はない」というふうにも取れるのです。

何か問題があれば電話番号を変えるなり、住所を変えるなりすればもう追いかけることができないのです。

引越し後のクレームを受け付けない引越し業者で引越しをしてはいけません。

引越しの一括見積もりサイトに参加していない引越し業者を選んではいけない

引越しの一括見積もりサイトに参加していない優良な引越し業者もたくさんある

引越しの一括見積もりサイトに参加していない優良な引越し業者もたくさんある

引越しの一括見積もりサイトに参加していない優良な引越し業者もたくさん知っています。

そういった優良な引越し業者はインターネットとは別の販路を持っています。

例えば不動産業者や、マンション、住宅のデペロッパーなどとのつながりです。

こういった販路は紹介が全てで、直接人から紹介されますので特に引越し業者について心配することはありません。

引越し業者を紹介するほうもそれなりに責任ある立場にいることでしょう。

ここではインターネットで引越し業者を探した場合の「選んではいけない」です。

  • なぜ引越しの一括見積もりサイトに参加していない引越し業者を選んではいけないのか
ロイヤリティを払ってもなお出店するのは各ショッピングモールのシステムによる集客力による

ロイヤリティを払ってもなお出店するのは各ショッピングモールのシステムによる集客力による

企業にとってホームページは「名刺」や「パンフレット」のようなものだと上でも書きましたが、企業単体のホームページにそれほど集客力は見込めません。

例えば大手アパレルメーカーA社のホームページを見てみます。

ホームページは立派にあるのですが、同じ商品を「A社楽天店」「A社yahoo店」「A社amazon店」でも売っています。

自社のホームページでは集客が足りないので楽天、Yahoo、amazonというショッピングモールに出店しているのです。

自社のホームページと違って、ショッピングモールに出店するには審査があるうえに月額出店料、売り上げのロイヤリティなどが最低でも月に4万円ほどかかります。

このロイヤリティを払ってもなお出店するのは、各ショッピングモールのシステムによる集客力によるところが大きいからなのです。

なぜ引越しの一括見積もりサイトに参加していない引越し業者を選んではいけないのか

なぜ引越しの一括見積もりサイトに参加していない引越し業者を選んではいけないのか

引越しの一括見積もりサイトはショッピングモールに似ています。

この「ショッピングモール=一括見積もりサイト」の審査を利用しない手はないということです。

各一括見積もりサイトで基準は違うかもしれませんが、少なくとも運輸省の認可無しに一括見積もりサイトに参加することはできません。

一括見積もりを利用するだけで運輸省の認可がない業者を排除することができるのです。

これでひとつ篩にかけることができます。

また、一括見積もりサイトは引越し業者からロイヤリティを取っています。

このロイヤリティを回収するためにも引越し業者は一生懸命、引越しを取りにいきますし、引越しサービスそのものも充実させることでしょう。

  • 比べられることを望むほどサービスに自信がある引越し業者

「他社と比べられても引けを取らない」という自信がない引越し業者は一括見積もりに参加できません。

そういう引越し業者には比べられては困る何かがあるのかもしれません。

逆に引越しの一括見積もりに参加している引越し業者は「提供している引越しサービス、引越し料金に自信を持っている」といっていいでしょう。

  • ※白ナンバーで無認可の業者や便利屋さんなどは引越し業者ではありません。