引越しの見積もりの注意点 | 引越し業者の営業マンが来たら

転勤族など引越しの回数がとても多い方を除いて、ほとんどの方が引越しに不慣れです。

知らないことは聞いてみましょう。

また、知っていると思っていることでも「間違った知識だった」ということもあります。

ご注意ください。

引越しの見積もりは引越し当日の打ち合わせでもあります

見積もりは引っ越し当日の打ち合わせ

見積もりは引っ越し当日の打ち合わせ

引越しの見積もりに伺って一番困るのが、こちら(営業マン)の話を聞いてくれないお客さんだったときです。

最終的な見積もり金額のみにこだわって、引越しのダンドリについての話を全く聞いてくれないお客様がいます。

最終的な料金は、引越しのダンドリが一通り固まってからでないと提示できないことが多いのです。

引越しの日時、荷物の量、さらにお客様が最優先したい事柄によって、引越しの料金は変わります。

その引越しのダンドリの部分をすっ飛ばして、見積もり金額のみに執着されると、こちらとしても金額の出しようが無いのです。

一括で複数の引越し業者に見積もりを申し込む

今すぐ無料見積もり依頼

この「話を全く聞いてくれないお客様」で一番困るのが「思い込み」です。

「話を全く聞いてくれないお客様」で一番困るのが「思い込み」

「話を全く聞いてくれないお客様」で一番困るのが「思い込み」

例えば、引越し業者に引越しを頼めば、全てラクラクパックで「荷造りはしなくていい」と思い込んでいたり。

こういうお客様は、最悪の場合、引越し当日、全く荷造りが出来ていないという事態にもなりかねません。

荷造りが出来ていないお宅は、当然ながら引越しできません。

別のお客様では、4LDKの大掛かりな引越しなのに、「引越し全体が2~3時間で終わるもんだ」と思い込んでいたりすることもあります。

見積もりを申し込んでいただいた時点では、「○月○日でお願いします」ということで見積もり金額をはじいたのに、後になって「その日はそんなに時間が取れない」と言われることもあります。

もちろん、見積もり金額を出す前に引越し当日の工程は伝えているのですが、ほんとうに全く話を聞いてくれないお客様がいるのです。

他にも、見積もりから引越し当日までの流れを全く別のサービスに当てはめて、勝手に引越しの内容を想像して、そのとおりに引越しが進まないと怒り出すというようなお客様もいました。

当然ながらそういったお客様への引越しの見積もりは割高になります。

話を全く聞いてくれないお客様への引越しの見積もりは割高になる

話を全く聞いてくれないお客様への引越しの見積もりは割高になる

以下、注意点であり、お願いでもあります。

まず、引越し業者の営業マンの話を聞いてください。

ご自身の思い込みであった部分との相違がわかるかもしれません。

また、「友人はこうだった」とか、「最近引越した知人はこうだった」とかの話も、その友人、知人は、たまたま、そうだっただけで、全ての引越し当てはまるわけではありません。

引越しの営業マンはお客様ご自身の引越しについてのみ話をしています。

引越しの見積もりは、金額の提示だけでなく、引越し当日までの打ち合わせでもあるのです。

一括で複数の引越し業者に見積もりを申し込む

今すぐ無料見積もり依頼

引越しの営業マンは良きアドバイザーです

引っ越し見積りまず、引越し業者の営業マンの話をひと通り聞いてください。

その間、お客様は営業マンの質問に答えていただくだけで結構です。

解からない部分をたずねるのは、営業マンお話が一通り終わってからでも遅くありません。

また、営業マンの話の中で引越しについて知らなかったこと、解からない部分が解決するかもしれません。

引越し業者の営業マンは、お客様の要望を汲み取ろうと努力しますから、ある程度任せていても大きな失敗にはなりません。

それよりも、ご自身で勝手に思い込んでしまい、実際の引っ越しのダンドリと大きくずれてしまうことの方が、お客様にとってリスクが大きいといえます。

 

  • 引越しの見積もりの注意点としては、引越しの営業マンの話をよく聞いて、

「営業マンのアドバイス」「見積もり金額」「引越し当日の組み立て方」

  • の全てを比較して、引越し業者を決めればいいのです。

 

そうすれば見積もりを取ったどの引越し業者を選んでも、必ず良い引越しになります。

なぜなら、すでにどの引越し業者とも「引越し当日までの打ち合わせ」が完璧に出来ているからです。

  • 引越しの見積もりがひと通り揃ったら
    引越しの見積もり書の見方 | 引越し費用の内訳

電話で引越しの見積もりを取る方法と注意点

訪問見積りで引越しの見積もりを取る方法と注意点