引越し業者の断り方|上手に断りを言う方法とその文句

引越しの見積もりが一通り手元に揃ったら、各社のサービス内容と引越し料金をよく見比べて引越し業者を決定します。

どれだけたくさんの引越し業者から見積もりを取っても、実際に引越しサービスを依頼できるのは、その中の1社のみ。

他の引越し業者には、断りを言わなければなりません。

引越しの見積もりを依頼した後のマナーを理解した上で断りを言いましょう

C789_enpitutonote500-thumb-750x500-2529

引越しの見積もりは無料です

引っ越しの見積もりは無料です。

引越し業者の営業マンは無料で来てくれて、見積もり金額を出してくれるだけでなく、引っ越しの時のアドバイスや見積もり記念品まで貰ったはずです。

引越しサービスを「依頼する」「しない」に関係なく、引越し業者の営業マンに非礼が無かったのであれば、こちらもそれなりの礼を尽くしてあげるべきでしょう。

1.引越し業者の決定は早めにしてあげる

引越し業者の営業マンが引越しの見積もりを置いて帰るということは、ユーザーが引越しサービスを依頼するかしないかを伝えるまで、引越し業者はトラックを仮押さえにしている状態です。

ユーザーの手元にある引越し業者の見積り書が有効な間は、見積り書に書いてあるとおりにトラックを押さえているので、他に見積りの依頼があっても断っています。

早めに連絡して次のユーザーの見積もりに行けるようにしてあげたいところです。

2.引越しサービスを依頼しない引越し業者にも必ずこちらから連絡をする

kettei

引越し業者に連絡するタイミング

これは引越しサービスの断り方にも繋がってくるのですが、引越しの見積もりを依頼した引越し業者には引越しサービスを「依頼する」「しない」に関係なく、こちらから連絡してあげましょう。

  • 引越しの見積もりを依頼する ←ユーザー

  • 引越しの見積もりを提出する ←引越し業者

  • 次のアクションはユーザーが起こすべきです。

引越し業者は一度見積もりを提出すると、ユーザーが他の引越し業者の見積もりを取り終えるまで待っています。

ユーザーが見積もりを取り終えるタイミングは引越し業者には解りません。

よくあるのが、引越しサービスを依頼するユーザーです。

見積りを取った後、ユーザーからの回答がないと、必ず引越し業者の営業マンから連絡が入ります。

  • その時の断りがとても気まずく面倒なのです。

常識的に考えて、見積もりを依頼したら「サービスを依頼する」「しない」くらいはハッキリさせるべきです。

そういう部分も含めて、気持ちの良い引越しにしましょう。

2307541

上手でスムーズな引越しサービスの断り方

1.必ず、こちらから引越し業者に断りの連絡を入れる

20111009_phone_2594_w800

断りを言うときは引越し業者の代表電話に

引越し業者からの見積もりがひと通り揃い、引越しサービスを依頼する引越し業者を決めたら、見積もりを依頼した引越し業者すべてに、こちらから連絡を入れましょう。

断りを言うのが気まずいのは、無駄足になってしまった「引越しサービスを依頼されない引越し業者の担当営業マン」の人柄や労力を、ユーザーが知ってしまったからです。

つまり、引越し業者の担当営業マンに直接、断りを言おうとするから気まずいのです。

  • 断りを言うときは、引越し業者の代表電話に電話しましょう。

その電話を取った人に断りを言いましょう。

電話を取るのはたいてい事務の女性で、とても機械的に処理してくれることがほとんどです。

断りの理由も、そう深く掘り下げません。

代表電話に断りを伝えた後、担当営業マンから電話が掛かって来るかもしれませんが、こちらの筋は通してありますので、その電話に出る出ないはユーザーの自由です。

その引越し業者の担当営業マンの感じが良かったのなら、「見積もりを出してくれてありがとう」くらい伝えてあげれば、担当営業マンも納得するでしょう。

  • 見積もりを取った後、ほったらかしにしていると、十中八九、担当営業マン本人が電話をかけてきます。

笑顔で引越しのアドバイスや知恵を出してくれた、あの親切な担当営業マンに直接、「あなたは無駄足になりました」と断りを言わなければならなくなるのです。

2.引越し業者への断りの電話は日中にする

wmn0127-001

引越し業者への断りの電話は日中に

引越し業者に限らず、会社の代表電話に出るのは事務の女性がほとんどです。

この事務員さんは、17:30か遅くとも18:00くらいには帰ってしまいます。

事務員さんが帰った後、会社の代表電話に出るのは、次々に外回りから帰ってくる営業マンたちに変わります。

この営業マンたちは、なかなかのやり手が揃ってますから、たとえ自分の担当物件でなくても、断りの電話だと気づいた時点で食い下がります。

このやり取りが非常に気まずく面倒なのです。

断りの電話は営業マンが出払い、事務員さんしかいない日中に掛けておくと、とてもスムーズです。

a0001_011706_m

引越し業者への断り文句

business-man_2912665上記の方法を取っていれば、引越し業者に深く理由を説明しなければならない、あるいは、引越し業者がいつまでも食い下がるような場面には出くわさないのですが。

  • もしも、引越し業者の担当営業マンに断りの理由を尋ねられたら

見積もりの入り口が違う引越し業者にサービスを依頼したことにする。

  • 「わたしが直接、見積もりを依頼した引越し業者の中では、あなたの引越し業者が一番良かったのだけど、不動産屋さんから紹介された引越し業者がほとんど同じ見積もり内容なんです」

この断り文句には、「私が決めたわけではない」「私も仕方なくそうするしかなかった」というニュアンスが含まれます。

ユーザーが直接、見積もりを依頼した引越し業者と、第3者に紹介された引越し業者とを分けて捕らえさせるのです。

それには「今後も付き合いの続く不動産会社や大家さんなどからの紹介で仕方なく」と言い切ってしまうのが一番です。

「私が決めたわけではない」「私も仕方なくそうするしかなかった」というニュアンスを演出するのに「会社からの指示」や「不動産会社、大家の紹介」は有効です。

これが、「知人や親類が引越し業者にいて」というのは、逆に印象が悪くなってしまいますので注意が必要です。

「だったら初めからそこに頼めよ」ということになるからです。

「知人や親類が引越し業者にいる」というのは、初めから解っている事ですから、営業マンは「自分はその当て馬にされただけだ」と思ってしまいます。

引越しの見積もりを依頼する時点では、「想像もしていなかった事柄で、仕方なく」というのが大切です。

  • 「引っ越し自体が取りやめになった」

最も断りやすい文句の一つです。

引っ越し自体が取りやめになった理由は、何でもよいでしょう。

その理由がマイナスな印象の事柄なら、引越し業者の営業マンは、ユーザーのことを不憫には思っても、けして悪く思うことはないでしょう。

これもまた、引越しの見積もりを依頼するときには想像もしなかった不測の事態なのですから。

引越し業者の営業マンは、見積もりを依頼する人が引越しに対して不慣れであることを知っています。

その引越しに不慣れな見積もりの依頼人を責めたりはしません。

  • 引越しの見積もりを依頼する時点では、想像もしなかった不測の事態によって、仕方なく

この状態を演出しましょう。

ここに書いてきたことは、あくまでも「引越サービスの断り」を目的としています。

  • もし、「値段の交渉の余地がある」もしくは「もう一つ条件を飲んで欲しい」というなら、断りをいう時が交渉をする絶好のタイミングです。

引越し業者からダンボールをもらったあとで上手にキャンセルする方法