引越しの見積もりを取る時期とタイミング、そのポイント

引っ越しの見積もりはいつごろ取るか「引越しの見積もりを取る時期って何時ごろがいいのでしょうか?」

よくある質問なのですが、明確な見積もりを依頼するタイミングは、「引越し先の住所」「引越しの希望日」「引越し先にもっていく荷物」が決まった時です。

引越しの見積もりは、少なくとも「引越し先の住所」「引っ越しの希望日」「引越し先にもっていく荷物」の三つが決まっていないと料金の提示ができません。

まずは引越しの見積もりを取る時に、引越し業者が「これでは見積もりの出しようがない」という事例をあげています。

引越し先の住所が決まっていない

新居の住所がわからないと引越しの見積もりは出せません

新居の住所がわからないと引越しの見積もりは出せません

「あの地域で、今、不動産物件を探していますが、引越し料金はいくらですか?」

「月末にはここを出なければならないのですが、この近くに引っ越すとしたら、いくらですか?」

これは困ります。

引越し先の住所が無い、もしくは引っ越し先が決まっていない引越しなど、見積もりの出しようがありません。

引越し料金を算出するのに大切な条件である移動距離がはっきりしていないので見積もりようがないのです。

引越し業者からすれば、そもそも引っ越さないのではないかと疑ってしまいます。

「まだ、引っ越し先が決まっていないユーザーの希望で、引っ越し先が決まるまで引越し業者が荷物を一時的に預かったら、実はその引越しは夜逃げで引越し業者は荷物を預かったまま荷物の持ち主であるユーザーと連絡が取れなくなった」なんてこともあるのです。

  • ●引越先の立地条件でも引越し料金が変わる

例えば引越し先が4階だったらエレベーターの有無で引越しの料金が変わります。

引越し先がエレベーターのない4階以上のお部屋だった場合、エレベーターのある同じ階層への引越しよりも作業員を増やす必要があるからです。

エレベーター付きの建物だったら作業員3人で作業は完了しますが、エレベーターなしの建物の場合、引越し作業員は4人は欲しいところです。

また、引越し先の道路状況でも引越し料金が変わります。

引越し先に隣接する道路が4トン車は入っていけない幅であった場合、同じ荷物の量の引越しでも2トン車を2台用意することになり、4トン車一台の引越よりも料金が割高になります。

引越し先の道路状況によって2トントラックが新居の前まで入っていけない場合、別途軽トラックを用意して2トントラックから新居までピストンすることもあります。

よって、引越し業者に引越しの見積もりを依頼するときには、引越し先の住所がハッキリしている必要がるのです。

  • なぜ引越し先、新居が決まってないと引越しの見積もりができないのか?
    なぜ引越し先、新居が決まってないと引越しの見積もりができないのか?

引越し業者を選べる訪問見積もり便利な一括見積もり

無料見積り依頼スタート

引越しの日にちが決まっていない

引越しの日時が決まってないと見積もりが出せません

引越しの日時が決まってないと見積もりが出せません

「今月末あたりで」

「3月の頭で」

など、あまりにもアバウトな引越しの日程では、見積もりの出しようがありません。

  • ●トラックを押さえてこそ引越しの見積もり

引越し会社が見積もりを出すということは、「その間、トラックを押さえます」ということです。

見積もりが有効な期間、引越し会社はトラックを押さえた状態にしています。

その間、引越し会社は他の引越しの依頼が来ても断らなければなりません。

できれば、引っ越し予定日の第一希望、第二希望、第三希望くらいは決めてから、引っ越し業者に連絡してください。

それも難しい、もしくは本当にいつでも良いというときは、最低でも「第○週の平日なのか、休日なのか」くらいは決めて依頼してください。

確かに土日祝日より平日の方が、また、月末より月初の方が安くなる確率は高いですが、平日は無理なのか、休みが取れるのかくらいはハッキリさせて引っ越しの日程を決めてください。

引越し先に持っていく物が決まっていない

運ぶ荷物が決まっていないと引越しの見積もりが出せません

運ぶ荷物が決まっていないと引越しの見積もりが出せません

「引越しはするんですが、ほとんどの物を処分する予定です」

「一部、人に譲る予定ですが、まだハッキリしてません」

といった場合も困ります。

  • ●荷物の総量が決まらないと見積もりは出ない

引越し当日に運び出す予定の物がハッキリ決まっていない場合、荷物の総量が決まらないので、見積もりを出すことが出来ません。

もし、無理やり見積もりを出せたとしても、「無くなるはずだったものが、引っ越し当日まで残っていて、トラックに乗り切れなかった」とか、「引っ越し当日に処分する予定のものが残っていてもちゃんと運べるように大き目のトラックを用意しなければならず、高めの見積もりになってしまった」というようなことが起こります。

無くなるはずだったものが、引っ越し当日まで残っていて、トラックに乗り切れなかった状態のことを「積み残し」といいます。

「積み残し」に対応して全ての荷物を運ぶのに、追加料金が出る引っ越し業者もあれば、無料でやりきる引っ越し業者もあります。

これも見積もりのときに確認しておくべきでしょう。

引っ越し当日に処分する予定の物が残っていてもちゃんと運べるように、大き目のトラックでお宅へ着くと、ちゃんと物が無くなっていることがあります。

そうなると、全ての荷物を積み込んだトラックの荷台は、天井まで積み上がることなく余裕のある状態になります。

この荷物が天井まで積みあがらない状態を「てんぷら」といいます。

たとえ、「てんぷら」になったとしても、見積りのときに提示したトラックの大きさ、トラックの大きさに比例した作業人数を準備して、引っ越し当日に伺うのですから、引越し料金は変わりません。

運ぶものが決まっていない見積もりがいかに不確かなものかが解かります。

引越しの見積もりを取るタイミングはいつ

早く引っ越し料金を知りたい気持ちは解かりますが、

●引越し先の住所

●引っ越しの希望日

引越し先にもっていくもの

を決めてから、引越し業者に連絡を入れましょう。

上記三つが決まってないうちは、引越しの見積もりを取るには時期尚早といえます。

引越し当日に追加料金が発生してしまうかもしれないような見積もりは、見積もりとは言えません。

具体的に何日前に引越しの見積もりを取るのか

遅くとも引越し希望日の2週間前には見積りを取りましょう。

引越し希望日が近ければ近くなるほど引越し料金が高くなる傾向があります。

これは他の引越し業者のトラックに空きがなくなることで競争が少なくなることを想定した引越し業者が強気の料金を提示してくるからです。

充分な選択肢を残して見積もりが取れるのは、引越し希望日から起算して一週間前までです。

  • 引越しの見積もりを取ってから引越し当日までが引越しの準備期間

引越し業者から見積もりを取り、引越しの打ち合わせができてダンボールをもらったら、いよいよ荷造りです。

この荷造り、引越しに慣れているユーザーならササっとできてしまうのですが、引越しに慣れていないユーザーの場合、とても時間がかかります。

引越しの準備期間中に土日の休みが2回あるとそれなりに余裕ができます。

引越し業者側もユーザーがきちんと荷造りできるかは気になるところです。

引越し当日ユーザーの家にトラックを着けたら、全く荷造りができておらず、引越しができないこともあるのです。

遅くとも2週間前までに引越しの見積もりを取るのは「荷造り」に余裕を持ってのぞむためなのです。