荷物がダンボールのみの引越しの見積もりの取り方

家具や家電は運ばず、小物を詰めたダンボールのみの引越しについて家具や家電は運ばず、小物を詰めたダンボールのみの引越しについてです。

実家を出て初めて1人暮らしをする方はほとんどの家具家電を買い揃えるため、ダンボールのみの引越しになることが多いです。

また、離婚の引越し、別居の引越しなどでも家を出る方の引越しはこのダンボールのみの引越しになることがほとんどです。

他にも家具家電のほとんどを買い換える新築への引越しや、最近よくある家具付き不動産物件にまつわる引越しもダンボールのみになる確立が高いといえます。

そんな小物を詰めたダンボールのみの家具なしの引越しについてです。

ダンボールのみの引越しを依頼するなら宅配業者

運ぶ荷物がダンボールだけに限られるならば、宅配業者の利用も視野に入れるべき

運ぶ荷物がダンボールだけに限られるならば、宅配業者の利用も視野に入れるべき

引越しとはいえ運ぶ荷物の家具がなく、ダンボールのみに限られるならば、宅配業者の利用も視野に入れるべきです。

宅配便を利用することで引越し料金が格段に安くなることが多々あるからです。

引越しと聞くとすぐに引越し業者を利用することを連想してしてしまいますが、荷物の状態と距離によっては宅配業者で充分な引越しが多いのです。

  • これは実際にあった話です。

引越し業者が1人暮らしで関東から九州へ引越しする予定のユーザーから仕事の依頼を受けました。

見積もりにいくと、ユーザーの荷物はダンボールのみでした。

また、ユーザー自身、関東から九州への移動にも時間がかかるので、荷物の受け取りは翌々日以降でかまわないということでした。

引越し当日、引越し業者は一日の仕事の最後にそのユーザー宅に行き、ダンボールを引き取りました。

会社に帰った引越し業者は引き取ってきたユーザーのダンボールに荷札を貼って、宅配業者に集荷を依頼しました。

翌々日、ユーザーの荷物は九州で宅配業者から無事に受け取られました。

ユーザーの荷物は10箱のダンボールのみ。

ヤマト運輸が発表している宅急便の料金表どおりでも、この関東から九州への引越しにかかった運賃は19,520円。

引越し業者は宅急便と運賃契約を別に結んでいますから、実際の運賃はもっと安いでしょう。

引越し業者がこのユーザーに対して見積もった引越し料金は30,000円でした。

引越しとはいえ、荷物が家具なしでダンボールのみならば、はじめから宅配業者を利用するとお得になります。

ダンボールのみの引越しを依頼するときの引越し業者と宅配業者の違い

引越し業者と宅配業者の違いはトラックに乗っているのが「ドライバーのみ」か「ドライバーと作業員」かという部分にあります。

一般的な宅配業者は大きな冷蔵庫の輸送を引き受けてくれません。

大きな冷蔵庫が宅配のドライバー一人では運べない荷物だからです。

対して引越し業者は大きな冷蔵庫の輸送を喜んで引き受けます。

ドライバーと作業員が乗ったトラックで現れて、すぐにヒョイヒョイと運んでくれるでしょう。

  • ダンボールのみの引越しで宅配業者を利用する条件は「運ぶ荷物全てが1人で持てる物」に限られること
一人で運べることと、しっかり梱包ができているならば、電子レンジなどの家電の輸送も宅配業者が利用できる

一人で運べることと、しっかり梱包ができているならば、電子レンジなどの家電の輸送も宅配業者が利用できる

宅配業者を利用して引越しをする場合、全ての荷物がドライバー1人で運べるものに限られます。

一人で運べるならば、家具家電でも輸送が可能です。

例えば32インチの薄型テレビの場合でも、買った時の箱に入っている常態なら一人で運べますので、ダンボールの数の中に数えることができます。

同じように一人で運べることと、しっかり梱包ができているならば、電子レンジなどの家電の輸送も宅配業者が利用できます。

ダンボールのみの引越しを宅配業者に依頼するメリット

  • 引越しにかかる料金が安い

遠方の引越しなら格段に安くなります。

宅配業者を使ってダンボールのみの引越しをする場合の料金

ヤマト運輸のホームページにある料金表でダンボール一個から簡単に計算することができます。

引越し使う一般的なダンボールのサイズはおよそ50cm×40cm×40cmくらいですから、ヤマト運輸の料金表でいうサイズは140に相当します。

例えば関東から関西へダンボールのみ15個の引越しなら・・・

  • ダンボール1個の運賃1728円 × 15個 = 25,920円 これに荷物が2個以上の場合、荷物1個に着き100円の割引が有りますから-1,500円で24,420円

24,420円で引越しができてしまいます。

特に遠方への引越しの場合、とても有効な手段です。

  • 見積もりが必要ないから、いきなり引越しできる

引越しで面倒な見積もりが必要ありません。

引越し業者との料金交渉や価格比較など事前準備と呼ばれるものはまったく必要が無く、引越したいと思った日に集荷に来てもらうだけです。

ダンボールのみの引越しを宅配業者に依頼するデメリット

  • 荷物はその日には届かない

どんなに近距離の引越しでも荷物を宅配業者に預けたその日には届かず、必ず翌日以降の到着になります。

  • 梱包をキッチリしなければならない

もちろん普通の引越しでも梱包はしなければならないのですが、引越し業者は荷物の積み替えをほとんど行わないのに対して、宅配業者は何度も積み替え作業をしてユーザーの元に荷物を届けますから破損のリスクが高まります。

特に割れ物が多いユーザーはキッチリ梱包して宅配業者を利用するか、梱包に自信のない方は引越し業者の利用も検討してください。

  • 利用できるのはダンボールのみの引越しのみ

1人で持てないもの、梱包できないものが一つでもあると、宅配業者は利用できません。

家具なしの引越しであることが絶対条件です。