引越し料金の相場、引越しの代金

人と比べることができないのが引越しの見積もり

この記事は約4分で読めます。

「あの子の引越しは安かった」「友人が一万円ちょっとで引越ししたらしい」。

お友達が引越しの体験談を語ってくれましたが参考にはなりません。

そのお友達とまったく同じ引越し荷物ですか?

なぜなら全ての引越しがオリジナルで唯一無二のものだからです。

荷物の量がまったく同じ引越しは存在しない

まったく同じものを持っている友人の引越しの見積もりの話は参考になりますが、そんな友人はいないでしょう。

荷物の量が違うのに「友人の引越しの見積もりは安かった」と言われても、それはそれ、これはこれです。

同じアパートからの引越しでも荷物の量によって引越しの料金は変わります。

引越しの見積もりのときによく言われるのが「友達の引越しは安かった」なのですが、そのお友達よりあなたはたくさん物を持っています。

物持ちのいい人ほど高くなるのが引越しの見積もりの料金です。

人の引越し料金と自分の引越し料金を比較することはできないのです。

建物の立地条件や移動距離がまったく同じ引越しは存在しない

引越しの移動距離や部屋の階数がまったく同じ引越しも、まずありません。

「知り合いとほとんど同じ条件の引越しなのに私の引越しが高かった」

では、その知り合いは何階から何階への引越しでしたか?

エレベーターはありましたか?

あなたの引越しはどうですか?

引越しする建物の階数や建物の前にトラックを停められるかどうかでも引越しの見積もり金額は変わります。

引越しにかかる時間、必要な作業員の人数が違うのです。

例えば、エレベーターのある5階、2LDKの引越しなら3トントラックを1台用意して作業員は3人でもいけますが、エレベーターがないなら効率や作業員の体力を考えると4人の作業員が必要になります。

作業員が3人を超えるとトラックは2台必要になります。

3トントラックは3人までしか乗れないからです。

同じ3トントラック分の荷物の量でも、エレベーターのない5階への引越しなら、1.5トントラック2台の引越しになります。

「いやいや、3人でやってくださいよ」と言うと、引越し料金は作業員が4人の時より高くなります。

非常に微妙なさじ加減で引越しの見積もりは計算されている

トラック2台の引越しよりもトラック1台の引越しのほうが価格が高いこともある

朝から引越しをスタートしたとして作業員4人でやればこの引越しは午前中で終わりますが、作業員3人だとこの引越しは午後まで食い込みます。

作業員3人で引越しすると1台のトラックがまる一日掛かりきりになりますから、引越し業者のトラックの予定に次の引越しが入れられず、トラック1台と作業員3人のまる一日分の日当がその引越しにかかってしまいます。

トラック1台と作業員3人のまる一日分の日当は、そのまま引越し料金に反映されます。

対して4人で掛かればこの引越しは午前中で終わりますから、この引越しが終われば2台のトラックは、午後に別の引越しをこなせるので、トラック2台と作業員4人の日当は半分だけ支払えばいいことになります。

引越し業者は引越し作業員をその引越しに何人投入するかでトラックを配車することがあります。

その引越し荷物の量に

非常に微妙なさじ加減で引越しの見積もりは計算されているのです。

引越し料金を比べるなら他の引越しとではなく同じユーザーに対して出された別の引越し業者の見積もりを

引越しの見積もりの料金を誰かと比べるくらいならもう一社、引越し業者を呼んで複数の引越し業者の見積もりを比較したほうが納得できるでしょう。

なぜなら、どの引越し業者の見積もりもあなたの引越しについて出された見積もりだからです。

まずは引越し業者から見積もりを取って自分の引越し料金を知ることです。

まとめ

  1. 荷物の量がまったく同じ引越しは存在しませんから、引越し料金を他の引越しと比べてもあまり意味がありません。
  2. 建物の立地条件や移動距離がまったく同じ引越しは存在しませんから、引越し料金について他の引越しと比べてもあまり意味がありません。
  3. トラック2台の引越しよりもトラック1台の引越しのほうが価格が高いこともあります。
  4. 引越し業者は引越し作業員をその引越しに何人投入するかでトラックを配車することがあります。
  5. 引越し料金を比べるなら他の引越しとではなく同じユーザーに対して出された別の引越し業者の見積もりを比べましょう。