引越し業者から訪問見積もりをしてもらうメリットとデメリット

引越し業者が提供している無料のサービス、訪問見積もり

ユーザーが引越し業者に引越しの見積もりを依頼すると、引越し業者が直接ユーザー宅に荷物を見に来てくれ、引越しの見積もりを作成してくれるサービスです。

電話やメールで引越しの見積もりを取った場合と比べて訪問見積もりにはどのようなメリットとデメリットがあるのでしょうか。

ここでは引越し業者に訪問してもらって、引越しの見積もりを出してもらう訪問見積もりのメリットとデメリットを見ていきます。

引越し業者の無料サービス訪問見積もりのメリット

ユーザーは引越し業者に訪問見積もりの依頼するだけで何もしなくてよい

引越し業者に訪問してもらって見積もりを出してもらうほうが、引越し料金が安くなる

引越し業者に引越しの見積もりを依頼したらユーザーは訪問見積もり当日、ほとんど何もすることはありません。

引越し業者の営業マンが家に来たら、ユーザーは引越しの荷物や引越し日の希望を伝えます。

後は引越し業者の営業マンが部屋の中を見て回り、荷物のリストを作成し引越しの見積もりを計算します。

ユーザーはテレビでも見ながら引越し業者の営業マンが引越し料金を計算するのを待つだけです。

これが電話見積もりであった場合、ユーザーは引越し荷物のリストを作成し、その内容を電話で引越し業者に伝えなければなりません。

引越し料金の最安値がわかる

引越し業者に引越しの荷物を見せて見積もりを出してもらいますので、最適な大きさのトラックが割り当てられ、引越し料金を安くおさえることができます。

引越しに使うトラックの大きさは、引越し荷物の総量によって決まります。

そして、引越し料金は引越しに使用するトラックの大きさによって変わります。

訪問見積もりでは荷物のリストを引越し業者が作成しますから、引越し荷物の総量をしっかり把握することができ、無駄に大きなトラックを使うこともなくなります。

これが電話見積もりの場合、ユーザーの作成した荷物リストからトラックの大きさを決めなけばならないので、引越し業者は引越し当日に積み残しが出ないよう引越しに使うトラックをどうしても大きく見積もりがちになってしまうのです。

また、訪問見積もりでは交渉しだいで引越し料金の値引きにも応じてくれるので、引越し料金の底値にたどり着くことができます。

単身、一人暮らしの荷物が少ない引越しでも、引越し業者に訪問見積もりをしてもらうほうが電話見積もりに比べて確実に引越し料金が安くなります。

引越し業者が見積書を作成してくれてユーザーの手元に残る

見積書があれば、引越しの作業当日、引越し業者のサービス内容が保障される

訪問見積もりをしてもらうと引越し業者が見積書を作成してくれます。

この見積書はいわゆる契約書でもあります。

見積書がユーザーの手元にあれば、引越し当日、引越し業者の作業内容が保障されることになります。

見積書には引越し当日、荷物の積み残しが出た場合や荷物が壊れた時などの保障内容も書いてあります。

また、訪問見積もりで引越し業者が作成する見積書は引越しの荷物のリストにもなっています。

引越し当日、荷物の紛失があった場合、紛失したものが見積書の荷物リストに載っていれば、荷物を紛失したことは一目瞭然です。

電話だけで見積もりを取っていた場合、荷物リストはありませんからユーザーは荷物を紛失したことを証明することができません。

引越しの時に紛失した荷物が、引越し前には確かにあったということをユーザーが引越し業者に対して証明することはかなり困難です。

引越しの荷造りに必要なダンボールやガムテープなどの梱包資材がもらえる

引越しで必要になる荷造り用の資材を無料で貰える

引越し業者の無料のサービス訪問見積りを利用すると、荷造りで必要になる梱包資材が無料で貰えます。

この無料の荷造り用資材とは、ダンボール、ガムテープ、食器紙、エアーキャップなどです。

引越し業者が梱包用資材を必要な分だけ持ってきてくれます。

電話で見積もりを取ると、荷造りに使うダンボールはユーザーが用意しなければならないことが多くなります。

訪問見積もりのデメリット

知らない人に家の中を見られる

引越し会社の営業マンに家の中を見せなければならない

訪問見積もりを利用すると見積もりを依頼した引越し業者の数だけ営業マンが家にやってきます。

そして、引越し業者の営業マンには家の中をすべて見せなければなりません。

引越し業者の営業マンは引越し荷物のリストを作成するために引越し荷物となる家財を見て回ります。

この家の中を見せなければならない部分を気にするユーザーが一番多いのですが、実際にはあと数週間程度で引っ越してしまいますから、そんなに気にすることではありません。

また、引越し業者の営業マンは毎日十数件ものお宅に伺ってますので、いろんなタイプの家を見ており、多少部屋が散らかっていることには耐性を持っています。

また、引越しする予定のお部屋ですから片付いていないことも想定しています。

お部屋の状態をそんなに気にすることはありません。

それなりに時間がかかる

引越しの見積もりにかかる時間は荷物の量によって最大で1時間ほど

引越し業者に訪問してもらって見積もりを取ると、引越し業者1社につき30分から1時間ほど、時間がかかります。

単身、一人暮らしの引越しの見積もりなら、引越し業者1社につき15分ほどで終わりますが、ファミリーの引越しの場合、訪問見積もりにかかる時間は荷物の量によって引越し業者1社に付き最大で1時間ほどかかってしまいます。

引越し業者を断りづらくなる

引越し業者に来てもらって訪問見積もりをしてもらうと、担当する営業マンから引っ越しに関するいろいろなアドバイスや見積もり記念品などをもらいます。

引越し業者の内部でユーザーの引越しに担当者がつくのは、訪問見積もりを利用した場合のみです。

電話見積もりだとユーザーの引越しに担当者といえる社員は付きません。

訪問見積もりが断りづらくなる理由は、引越し業者の担当営業マンが親切でユーザーの引越しのために頑張っていることを知ってしまったからです。