自力の引越しと引越し業者を比較

自分達でやるのと引越業者に依頼した場合を比較してみました。

各項目ごとに引越し会社に頼んだ場合と自力の引越しを比較して、自力の引越しの方法を確定していきます。

新居について

新居について

自力の引越しでは新居への傷がいちばんの心配

自分達でお引越をしてみる

現住所に、近ければ近いほど有利。

遠方だと超大変。ってか無理かも。

ピカピカのフローリングに傷をつけてしまうかも

引越業者に頼んだら

現住所に近ければ近いほど安い。

引越し業者は養生をしっかりやるので、建物、お部屋への傷の心配じはなし。

自動車、トラックについて

引越しのトラック

自力の引越しは自分の自動車に乗らない荷物が一つでもあると、それだけを運ぶのにトラックを借りる必要が

自分達でお引越をしてみる

大きければ大きいほど有利。

全ての荷物が自分の自動車に乗るか確認する。

動車に乗らない荷物が一つでもあると、それだけを運ぶのにトラックを借りる必要が出てくる。

トラックをレンタルするなら8,000円くらいから。

トラックを運転したことがないならやめておいたほうが吉。

引越業者に頼んだら

心配なし。

人手について

a0001_015944

あてにするという行為を受け入れられる友達を数える時点で姑息な気が

自分達でお引越をしてみる

友達が多い人ほど有利。

できれば男性。

引っ越し業者に頼んだら

心配なし。

 

 

引っ越しに必要な資材について

ダンボール

引越し用ダンボール

引越し会社のダンボールはそれぞれの引越し会社のオリジナルで、引越し専用に強度の強い厚めのダンボールになっている

自分達でお引越をしてみる

スーパーやコンビニで無料で貰えるようなものは、強度が弱く軽い物しか入れられません。

スーパーやコンビニで貰ってくるなら強度の強いものだけを。

みかんのダンボールが強度の目安。

DIYショップ等で購入するなら1枚250円くらい。

3LDKのお宅で、およそ30~50のダンボールが出来ます。

  • 250円×50=12,500円

意外に高い!

引越業者に頼んだら

無料サービス分有り。

引越業者によって違うので見積り時に要確認。

ガムテープ

自分達でお引越をしてみる

布テープでなくてよい。

荷造りする人数分あれば、ちょうどよい。

一個100円くらい。

引越し業者に頼んだら

無料サービス分有りなので心配なし。

新聞紙

自分達でお引越をしてみる

食器などを包むのに必要。

※引越が決まったら集めておきましょう。

引っ越し業者に頼んだら

割れ物専用の梱包資材が貰えます。

引越し会社によって紙とのところとミラーマットのところがあります。

引越し後の処理は紙のほうが断然楽です。

※どちらも新聞紙と違って食器を汚しません。

自分達でお引越をしてみる

荷造り用に。

靴等の小さな箱をまとめたり、家具の扉が開かないように縛ったりするのに使います。
(家具などにガムテープを貼ると、糊がとれなくなるので紐がよい)

引越業者に頼んだら

不要。

布団袋

自分達でお引越をしてみる

すぐに使わない布団は圧縮パックを使って、小さくまとめておくとよいでしょう。(干せば戻る)

すぐ使う布団は圧縮しない方が気持ちよく眠れます。(干さなきゃペタンコ)

引っ越し業者に頼んだら

有料にて。

サービスになったり、無料分があったり、引越業者によって違うので、見積もり時に要確認。

  • およそ上記の物があれば自分達でお引越が出来てしまいます。

自力の引越しと引越し会社に頼んだ場合のそれぞれの利点

自分達で引越をする利点

  • 安い!

おそらく、これより安く済ませる方法は、他にないでしょう。

でも、レンタカーでトラックを借りるくらいなら、引越業者に頼んだ方が無難です。

引越し会社に頼む利点

  • 安心保証!

新居のことに時間を使える。
(エアコン、ピアノ、金庫、コピー機等、素人では難しいこともたくさんあります。処分品などもオプションで受けてくれる業者もあります。)

ほとんどの事柄で心配がない。

自力の引越しと引越し会社に頼んだ場合のそれぞれのリスク

自分達で引越をするリスク

  • 疲れる!
  • 壊れる!
  • 傷つける!

時間がすごくかかる。

全ての修復代が実費。

手伝ってくれた人への御礼。

手伝ってくれた人への恩義。

エアコンの脱着は素人には無理。

引越し会社に頼むリスク

 

それなりに費用がかかる。

知らない人にプライバシーを見られる。

知らない人に家財を触られる。

自力の引越しと引越し会社に頼んだ場合を総合的に見て

自分達で引越し

自分達で引越しするリスクは、とても大きい

自分達で引越しするリスクは、とても大きいようです。

  • ものが壊れやすい

物を壊してしまったり、壁や床に傷をつけて、敷金の戻りが減ってしまったり。

壊れた物の中には、二度と手に入らない物もあるかもしれません。

  • 人手の確保が大変

例えば、ご主人が引越屋さんに勤めてたとか、ラグビー部OBでひと声掛ければ屈強な男性がたくさん集まるとかでなければ、一日で終わらせることは難 しいでしょう。

  • レンタカーを使うと割高な場合も

レンタカーを使うと、それだけで引越業者の料金と、変らなくなってしまう場合があります。

8000円でトラックを借りるなら、8000円で運んでくれる引越屋さんを探した方がいいですよね。ダンボールを買っても、それくらいしますよ。

とにかく一度、お引越屋さんの見積もりを取ってみましょう。

  • 良い引越屋さんに頼めば、良い引越しになる確率が高い

終わってみれば、あれだけの人が働いてくれたのだから、対価として安いと思えるはずです。

時間を掛けてゆっくりやる余裕があるなら、本当にゆっくり慎重に進めてください。

毎日やってる引っ越し業者でも、破損が全くないとは言えないくらいです。

  • まずは引越し会社から見積もりを取ってください