引越し業者の訪問見積もりが嫌な訳

引越しの見積もりを取りたいだけなのに引越し業者が引越し前にやってくる。

なぜ、引っ越しのずいぶん前なのに引越し業者がやってくるのか。

ユーザーにとって引越し業者の訪問見積もりのなにが嫌なのかについてです。

訪問見積もりに来るのが男性なのが嫌

引越し業者の訪問見積もりを担当する営業マンはほとんどの場合男性です。

ユーザーが女性であった場合、訪問見積もりの場で知らない男性と二人きりになるのが嫌なのです。

しかも、自分の生活の場で知らない男性と二人きりになるのですからなおさら嫌でしょう。

大手の引越し業者ならユーザーが希望すれば女性の営業マンを訪問見積もりに派遣してくれるかもしれません。

家の中を見られるのが嫌

訪問見積もりでは派遣されてくる担当営業マンに家の中のほとんどを見られることになります。

引越し業者の営業マンが家の中のほとんどを見て回る理由は、引越しの荷物になりえる家財をリストにして荷造りに必要なダンボールの数、引越しに使用するトラックの大きさを決めるためです。

ユーザーの引越しに必要となるダンボールの数や使用するトラックの大きさを見極めないと引越しの見積もりは出せませんから仕方のないことです。

友人、知人でも家に招くことがないユーザーにとって、プライベートな空間を他人に見られるのは嫌でしょう。

引越しするのをためらうくらい嫌だというユーザーもいました。

汚部屋を見られるのが嫌

前回、今の部屋に引っ越してきてから一度も片づけたことがない汚部屋に住んでいるユーザーは、できれば汚部屋を見られたくないでしょう。

汚部屋を卒業するための引越しなのかもしれません。

そんな脱汚部屋のための引越しなのに訪問見積もりが必要だからと引越し業者の営業マンに汚部屋を見られるのは嫌でしょう。

また、汚部屋に住んでいることを誰かに知られるのも嫌なことでしょう。

趣味の物を見られるのが嫌

特殊な趣味を持っているユーザーにとって趣味の物を誰かに見せるのも嫌でしょう。

訪問見積もりの場では引越し業者の営業マンに自分の趣味がどんなものか見られてしまうのです。

しかし、趣味の物の荷造りの仕方がわからない、梱包方法については訪問見積もりで引越し業者の営業マンに聞いてみるまでわかりません。

むしろ趣味の物があるユーザーの方が訪問見積もりが必要なのかもしれません。

時間をとられるのが嫌

引越し業者の訪問見積もりに立ち会うために家に居なければならないのが嫌。

引越し業者一社に付き30分から1時間もかかり、しかも、ユーザーは訪問見積もりの間、立ち会わなければならないのが嫌なのです。

複数の引越し業者から見積もりを取る予定なら、さらに時間がかかります。

引越し業者とのやり取りも数社目には飽きてしまいます。

引越し業者の営業マンにゴリ押しされるのが嫌

複数の引越し業者から見積もりを取る予定なのに即決を迫られるのが嫌なのです。

訪問見積もりに来るのは営業マンですから仕事を取りたい気持ちはわかります。

でも、訪問見積もりの場で引越し業者の営業マンに粘られるのが嫌なのです。

引越し業者の営業マンに粘られたことがあるユーザーは訪問見積もりが嫌なのです。