2014年繁忙期の引越し業者は例年に無いほどの忙しさ

2014年春、3月の引越しの込み合い方は例年よりもすごいようです2014年春、3月の引越しの込み合い方は例年よりもすごいようです。

引越し業者によっては3月の引越しはもう受けられないほど依頼が殺到しています。

消費税の増税前に駆け込み引越し

3月に引越しをお考えのユーザーは早めの見積もり、または可能ならば引越し日程の延期をお勧めします

3月に引越しをお考えのユーザーは早めの見積もり、または可能ならば引越し日程の延期をお勧めします

増税前に不動産の動きが活発になり、それに伴って引越しの件数も増えているようで、すでに3月の引越しは受け付けない引越し業者も出てきました。(3月4日現在)

引越し業者も引越しを引き受けたいのは山々ですが用意できるトラックには限りがあります。

また、これだけ仕事があれば引越し業者もできるだけ高単価で質のいい引越し物件を選択して引き受けています。

単価の低い単身、1人暮らしの引越しは引き受けてくれる引越し業者を探すこと自体難しくなっています。

また、引越しの見積もりを取ったユーザーの中には「たったこれだけの荷物なのに引越しの見積もりがこんなに高いのはお断り見積もりだからだ」と決め付けている方もありますが、それはお断り見積もりではありません。

実際にその金額を引越し業者に払えば引越しをしてくれます。

単身、1人暮らしの引越しは同じ時間トラックと作業員を動かすなら家族、ファミリーの引越しのほうが料金を高く取れます。

つまり、通常ならとても安価でこの時期には引き受けたくない単身、1人暮らしの引越しでも、「家族、ファミリーの引越し料金分を払ってくれるなら喜んで引き受けますよ」と言っているのです。

3月に引越しをお考えのユーザーは早めの見積もり、または可能ならば引越し日程の延期をお勧めします。